テニス錦織よりヤンキース田中が多く稼いでいる“不思議”

公開日: 更新日:

 え? と思ったファンも多いのではないか。

 10日に米経済誌フォーブスが15年度版スポーツ長者番付ベスト100を公開した。1、2位は5月に「世紀の一戦」を行ったボクシングのメイウェザーとパッキャオがそれぞれ3億ドル(約368億円)、1億6000万ドル(約196億円)。その下の選手と金額を見ていくと2人の日本人がランクインした。

 ヤンキース田中(26)は年収2300万ドル(約28億円)で58位。男子テニスの錦織(25)が、1950万ドル(約24億円)で92位だ。

 このランキングは年俸や賞金額に、各種スポンサー料やメーカーとの契約金を含めた額。世界中を転戦する錦織は賞金額こそ約5億5000万円だが、アディダスやユニクロなど多くのメーカーと総額約18億5000万円の契約を結んでいる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    相棒の視聴率を抜いた「七人の秘書」懲らしめ系はなぜ人気

  2. 2

    広瀬アリスが「七人の秘書」の撮影現場で見せた粋な心配り

  3. 3

    ガッキー演じるみくりの妊娠&髪型は? 逃げ恥SP撮影秘話

  4. 4

    辻元清美氏が菅政権をバッサリ「古い、出がらし政権だ」

  5. 5

    田原俊彦“干され過去”と決別 不倫で失墜したマッチとの差

  6. 6

    小池氏“3大”ウソ 重症者、豊洲市場、軽症者施設で失策隠蔽

  7. 7

    橋本環奈の才は“奇跡の一枚”以前に是枝監督が見抜いていた

  8. 8

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  9. 9

    コロナより多い自殺者数 弁護士も増加要因つくっている?

  10. 10

    黒木瞳の監督映画が大コケの様相…不運続きに同情的な声も

もっと見る