テニス錦織よりヤンキース田中が多く稼いでいる“不思議”

公開日: 更新日:

 え? と思ったファンも多いのではないか。

 10日に米経済誌フォーブスが15年度版スポーツ長者番付ベスト100を公開した。1、2位は5月に「世紀の一戦」を行ったボクシングのメイウェザーとパッキャオがそれぞれ3億ドル(約368億円)、1億6000万ドル(約196億円)。その下の選手と金額を見ていくと2人の日本人がランクインした。

 ヤンキース田中(26)は年収2300万ドル(約28億円)で58位。男子テニスの錦織(25)が、1950万ドル(約24億円)で92位だ。

 このランキングは年俸や賞金額に、各種スポンサー料やメーカーとの契約金を含めた額。世界中を転戦する錦織は賞金額こそ約5億5000万円だが、アディダスやユニクロなど多くのメーカーと総額約18億5000万円の契約を結んでいる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    植野妙実子氏「表現の自由」の抑圧で民主国家は成立しない

  2. 2

    安倍首相11.20退陣説 「桜を見る会」疑惑で政界の空気一変

  3. 3

    「桜を見る会」関連業務“アベ友業者”にオイシイ受注誘導か

  4. 4

    “介護美談”もウソで離婚調停中 問われる小室哲哉の人間性

  5. 5

    政治家への金は10億円 倉田まり子さんには申し訳なかった

  6. 6

    元おニャン子・立見里歌さん 元アイドルが子育て終えた今

  7. 7

    誰が見ても違反じゃないか 動かない捜査当局の腐敗堕落

  8. 8

    櫻井政界進出まで見据えるも…二宮の結婚時期にファン憤慨

  9. 9

    元陸自・ラファエルが語る「時給日本一のYouTuber」仕事術

  10. 10

    メジャー挑戦 球界No.1二塁手広島・菊池涼介の意外な評価

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る