“いいとこ取り”ローテなのに…田中13勝目ならずPSに不安

公開日: 更新日:

 復帰白星とはならなかった。

 右太ももの張りで戦列を離れていたヤンキース・田中将大(26)が30日(日本時間1日)のレッドソックス戦に登板。5回を1本塁打含む5安打4失点で降板。自身の13勝目(7敗)はならず、チームに通算1万勝目ももたらせなかった。

 立ち上がりから制球が甘く、一回は2死一、二塁から5番ショーに甘く入った変化球を右翼スタンドに運ばれ、3点を先制された。9月18日のメッツ戦以来となるマウンドは制球が定まらない場面も目立ち、苦しい投球を強いられた。6日に予定されるワイルドカードゲームでの登板に不安を残した。

 チームのプレーオフ進出に加えて、伝統ある名門球団の節目の勝利を託されたのは、エースとして位置付けられているからに他ならない。が、“いいとこ取り”の印象は否定できない。田中は6日のワイルドカードゲームにも登板予定だが、今季の田中は2度の離脱を強いられた上に、大半は中5日と余裕を持ってのマウンドだったからだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    大補強でも誤算生じ…V奪回義務の原巨人に燻る“3つの火種”

  2. 2

    菅野圧巻でも小林では G原監督を悩ます炭谷との“相性問題”

  3. 3

    「欅坂46」長濱ねる ファンは感じていた卒業発表の“予兆”

  4. 4

    北が安倍政権を猛批判 米朝破談で逆に日本を「脅威利用」

  5. 5

    私情や保身を優先する愚かさ 野党結集を邪魔する“新6人衆”

  6. 6

    籠池氏が久々の爆弾発言「昭恵付職員が財務省室長と面会」

  7. 7

    テレ朝が異例抜擢 元乃木坂46斎藤ちはるアナの評判と実力

  8. 8

    丸獲得でも変わらず 巨人がOP戦で露呈“広島恐怖症”の重篤

  9. 9

    朝ドラで存在感 元乃木坂46深川麻衣は女優で大成できるか

  10. 10

    「超面白かった」宇多田ヒカルは直撃取材直後にブログ更新

もっと見る