“いいとこ取り”ローテなのに…田中13勝目ならずPSに不安

公開日:  更新日:

 復帰白星とはならなかった。

 右太ももの張りで戦列を離れていたヤンキース・田中将大(26)が30日(日本時間1日)のレッドソックス戦に登板。5回を1本塁打含む5安打4失点で降板。自身の13勝目(7敗)はならず、チームに通算1万勝目ももたらせなかった。

 立ち上がりから制球が甘く、一回は2死一、二塁から5番ショーに甘く入った変化球を右翼スタンドに運ばれ、3点を先制された。9月18日のメッツ戦以来となるマウンドは制球が定まらない場面も目立ち、苦しい投球を強いられた。6日に予定されるワイルドカードゲームでの登板に不安を残した。

 チームのプレーオフ進出に加えて、伝統ある名門球団の節目の勝利を託されたのは、エースとして位置付けられているからに他ならない。が、“いいとこ取り”の印象は否定できない。田中は6日のワイルドカードゲームにも登板予定だが、今季の田中は2度の離脱を強いられた上に、大半は中5日と余裕を持ってのマウンドだったからだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  10. 10

    倉科カナが三くだり半…竹野内豊“結婚しない男”の罪深さ

もっと見る