• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

引退会見で「子供っぽいまま」 中日・山本昌が持つ“2つの顔”

「やり残したこともあるし、やり切った感じもある。引退に悔いはあるが、決断に後悔はない。いろんな人に支えられ、本当に幸せな野球人生だった」

 30日に引退会見を行った山本昌。最年長勝利記録を持つレジェンドが、ついに32年間の現役生活を終えた。今後は地元マスコミで評論家を務め、将来の指導者に向けて備える。

 会見で時折、現役への未練を口にしたのは、土壇場まで現役続行を模索していたからだという。今季はプロ野球史上初となる50歳での出場、モイヤーが持つメジャー最年長勝利(49歳180日)超えを狙った。しかし8月9日のヤクルト戦に初登板した際、左手人さし指を突き指。靱帯を損傷する大ケガを負った。このまま尻すぼみで終われないとの気持ちが強かったのだろう。

 落合GMから「おまえが決めろ」と暗に引退を迫られても決断できなかったが、中日は谷繁兼任監督をはじめ、和田、小笠原、朝倉とベテランが相次いで引退した。そんな中、9月25日に親会社を訪ねた山本昌は白井オーナーと会談。「ご苦労さん」とねぎらいの言葉をかけられ、引退を決断したという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  3. 3

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    サンドウィッチマン富澤 2007年M-1優勝の瞬間を振り返る

  8. 8

    生田悦子さん 最期の言葉は「サンドイッチ買ってきて」

  9. 9

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  10. 10

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

もっと見る