日本ラグビーの歴史変えたジョーンズHCの「気概と行動力」

公開日:  更新日:

 ここまでやらなければ歴史は変わらないのだ。

 W杯イングランド大会1次リーグB組の日本代表には、ラグビーファンでさえ仰天した。現地11日に行われた米国戦にも28―18で勝利し、通算成績は3勝1敗。前日にスコットランドがサモアに勝ち、日本は勝ち点差で3位が確定。目標に掲げていた決勝トーナメントへは進めなかったが、初戦では世界ランク3位でW杯2度優勝の南アフリカを撃破。世界を驚かす番狂わせで24年ぶりにW杯2勝目を挙げると、第3戦ではサモアに圧勝。エディー・ジョーンズヘッドコーチ(HC=55)は、過去7大会連続出場で1勝しかできなかったラグビー後進国を大きく変えた。

 強豪国の豪州や南アフリカで指導経験のあるジョーンズHCは、トップリーグのサントリーの監督を経て12年春から日本代表の指導を開始。「勤勉で忍耐力のある日本人」(同HC)に、1日3、4回、朝5時から厳しい練習を課してきた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  5. 5

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  6. 6

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  7. 7

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  8. 8

    巨人“台湾の大王”王柏融スルーは広島FA丸取り自信の表れ

  9. 9

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  10. 10

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

もっと見る