日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

日本ラグビーの歴史変えたジョーンズHCの「気概と行動力」

 ここまでやらなければ歴史は変わらないのだ。

 W杯イングランド大会1次リーグB組の日本代表には、ラグビーファンでさえ仰天した。現地11日に行われた米国戦にも28―18で勝利し、通算成績は3勝1敗。前日にスコットランドがサモアに勝ち、日本は勝ち点差で3位が確定。目標に掲げていた決勝トーナメントへは進めなかったが、初戦では世界ランク3位でW杯2度優勝の南アフリカを撃破。世界を驚かす番狂わせで24年ぶりにW杯2勝目を挙げると、第3戦ではサモアに圧勝。エディー・ジョーンズヘッドコーチ(HC=55)は、過去7大会連続出場で1勝しかできなかったラグビー後進国を大きく変えた。

 強豪国の豪州や南アフリカで指導経験のあるジョーンズHCは、トップリーグのサントリーの監督を経て12年春から日本代表の指導を開始。「勤勉で忍耐力のある日本人」(同HC)に、1日3、4回、朝5時から厳しい練習を課してきた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事