• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

統括団体の思惑外れ…ラグビーW杯「外国人枠撤廃」の現実味

 ラグビーのW杯(イングランド)は23日、1次リーグを行い、B組の日本はスコットランドに10-45で大敗した。

 外国人選手の活躍で初戦では優勝候補の南アフリカを破る大金星。世界中に衝撃を与えたが、次の19年日本大会では苦戦を強いられかねない。ラグビーナショナルチームの外国人枠が、次回大会から廃止あるいは削減されることが検討されているからだ。

「早ければ、今大会終了後にも議論が本格化するだろう」――世界のラグビー関係者の間では今、こんな話題で持ち切りだという。

 ラグビーの統括団体である国際ラグビーボード(IRB=現ワールドラグビー)の規定では、

(1)出生地が当該国
(2)両親、祖父母のうち1人が当該国出身
(3)36カ月以上居住

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事