統括団体の思惑外れ…ラグビーW杯「外国人枠撤廃」の現実味

公開日:  更新日:

 ラグビーのW杯(イングランド)は23日、1次リーグを行い、B組の日本はスコットランドに10-45で大敗した。

 外国人選手の活躍で初戦では優勝候補の南アフリカを破る大金星。世界中に衝撃を与えたが、次の19年日本大会では苦戦を強いられかねない。ラグビーナショナルチームの外国人枠が、次回大会から廃止あるいは削減されることが検討されているからだ。

「早ければ、今大会終了後にも議論が本格化するだろう」――世界のラグビー関係者の間では今、こんな話題で持ち切りだという。

 ラグビーの統括団体である国際ラグビーボード(IRB=現ワールドラグビー)の規定では、

(1)出生地が当該国
(2)両親、祖父母のうち1人が当該国出身
(3)36カ月以上居住

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  2. 2

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  3. 3

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  6. 6

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    倉科カナが三くだり半…竹野内豊“結婚しない男”の罪深さ

  10. 10

    “PC打てない”桜田大臣 ツイッターで大島優子フォローの謎

もっと見る