• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

統括団体の思惑外れ…ラグビーW杯「外国人枠撤廃」の現実味

 ラグビーのW杯(イングランド)は23日、1次リーグを行い、B組の日本はスコットランドに10-45で大敗した。

 外国人選手の活躍で初戦では優勝候補の南アフリカを破る大金星。世界中に衝撃を与えたが、次の19年日本大会では苦戦を強いられかねない。ラグビーナショナルチームの外国人枠が、次回大会から廃止あるいは削減されることが検討されているからだ。

「早ければ、今大会終了後にも議論が本格化するだろう」――世界のラグビー関係者の間では今、こんな話題で持ち切りだという。

 ラグビーの統括団体である国際ラグビーボード(IRB=現ワールドラグビー)の規定では、

(1)出生地が当該国
(2)両親、祖父母のうち1人が当該国出身
(3)36カ月以上居住

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  2. 2

    アマ競技で多発する不祥事 機能不全のJOCに解決できるのか

  3. 3

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  4. 4

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  5. 5

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  6. 6

    正反対キャラを演じきる 佐藤健“視聴率40%男”の存在感

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    K-POPガールズ空前のブーム レコード会社熾烈争奪戦の行方

  9. 9

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  10. 10

    安倍自民がブチあげ「省庁再々編」は国民ダマしの常套手段

もっと見る