地元W杯の日本躍進を後押しする統括団体の“ソロバン勘定”

公開日:  更新日:

 早くも次回19年日本大会の“本命”の一角に浮上したとの声もある。

 他でもなく今大会初戦で優勝候補の南アフリカを撃破するなど、2勝をマークしたラグビー日本代表のことだ。

 5日、ラグビーの国際統括団体であるワールドラグビー(WR)は3日の1次リーグB組の日本―サモア戦の国内視聴者数が2500万人に上り、W杯史上最多を記録したと発表。07年フランス大会準決勝のフランス―イングランド戦(パリ)で記録した2070万人を大幅に更新した。

 WRのブレット・ゴスパ最高経営責任者(CEO)が、「多くの日本国民が代表チームの戦いぶりに驚き、ラグビーを称賛している」とコメントしたことで、19年の日本大会では日本が大躍進するかもしれない。

 地元開催で日本が勝ち進めば進むほど、テレビ中継の視聴率を稼げる上に、入場料収入にグッズの売り上げも見込める。大会収入はすべてWRが吸い上げる仕組みになっているだけに、統括団体としては日本が8強入りすれば大きな利益を期待できるからだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  4. 4

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  5. 5

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  9. 9

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

  10. 10

    奇妙な縁が結んだ梅宮辰夫とロバート秋山の幸福な関係

もっと見る