ラグビー代表HCに聞く 「他競技からスカウトしたい選手」

公開日: 更新日:

 ラグビー日本代表のジョーンズ・ヘッドコーチ(HC)は日本のスポーツ界について「選手の力量に合わせて練習すべきだ」と指摘する。インタビューの2回目は指導方針や15年W杯イングランド大会への手応えについて聞いた。

――これまで豪州や南アフリカでもコーチを務めていますが、指導者としてのポリシーを聞かせて下さい。

「最初に明確なビジョンを示すことです。今、我々が目標にしているのは15年のW杯で準々決勝に進出することです。目標を達成するために、自分の役割を果たすことを選手たちに理解させることが重要だと考えています」

――代表クラスになると、選手の扱いは難しくないですか?

「私は選手を公平に扱うが、平等には扱いません。例えば、(日本歴代最多85キャップを持つ)ロックの大野均選手(36)のようなベテラン選手はシーズン中に毎日、ハードなトレーニングをしていたら週末の試合ではスタミナ切れを起こしますよね? 大野選手のようなベテランは試合で実力を発揮できるように調整を認めています。また、プレースキッカーを務めるFBの五郎丸歩選手には月曜日にキックを重点的に練習させるなどしています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パンデミックが起きても慌てない 今から始める備蓄リスト

  2. 2

    また職員が感染 加藤厚労相は危機管理能力ゼロのポンコツ

  3. 3

    新型ウイルス対策 「東京は封鎖できるか」内閣官房に聞く

  4. 4

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  5. 5

    「再感染」が続出 新型コロナは変異、劇症化しているのか

  6. 6

    田中みな実は燃え尽き?ジャニーズ事務所も恐れる次の一手

  7. 7

    住宅ローン完済で悠々自適の第二の人生が始まるはずが…

  8. 8

    小学生も新型コロナ感染で…結婚式や卒業式はどうなる?

  9. 9

    「つい言い間違えた」発言は日本の官僚機構が瓦解した象徴

  10. 10

    行方不明の愛犬と3年後…1500㎞離れた場所で奇跡的な再会

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る