• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ラグビー代表HCに聞く 「他競技からスカウトしたい選手」

 ラグビー日本代表のジョーンズ・ヘッドコーチ(HC)は日本のスポーツ界について「選手の力量に合わせて練習すべきだ」と指摘する。インタビューの2回目は指導方針や15年W杯イングランド大会への手応えについて聞いた。

――これまで豪州や南アフリカでもコーチを務めていますが、指導者としてのポリシーを聞かせて下さい。

「最初に明確なビジョンを示すことです。今、我々が目標にしているのは15年のW杯で準々決勝に進出することです。目標を達成するために、自分の役割を果たすことを選手たちに理解させることが重要だと考えています」

――代表クラスになると、選手の扱いは難しくないですか?

「私は選手を公平に扱うが、平等には扱いません。例えば、(日本歴代最多85キャップを持つ)ロックの大野均選手(36)のようなベテラン選手はシーズン中に毎日、ハードなトレーニングをしていたら週末の試合ではスタミナ切れを起こしますよね? 大野選手のようなベテランは試合で実力を発揮できるように調整を認めています。また、プレースキッカーを務めるFBの五郎丸歩選手には月曜日にキックを重点的に練習させるなどしています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  3. 3

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  4. 4

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  5. 5

    否定会見で墓穴 古屋圭司議員の“裏金”疑惑ますます深まる

  6. 6

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  7. 7

    “苦戦の戦犯”は金本監督 阪神の凡ミス多発は意識の低さ

  8. 8

    助っ人はベンチに 阪神・金本監督はロサリオが嫌いなのか

  9. 9

    9月の過密日程より心配 阪神が抱える“ロサリオ・大山問題”

  10. 10

    河野外相ツイートが炎上 切望した外遊の中身は“観光”同然

もっと見る