• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

メッツがリーグV決定戦 コリンズ監督「最優秀候補」のカラクリ

 長らく低迷していたメッツを06年以来、9年ぶりのリーグ優勝決定戦に導いたのがテリー・コリンズ監督(66)だ。

 今季はチーム防御率3.45(リーグ4位)の安定した投手力を武器に、開幕前の下馬評を覆して地区優勝を果たした。

 14勝(8敗)のデグロム(27=10年ドラフト9巡目)、13勝(8敗)のハービー(26=10年ドラフト1巡目)、43セーブの守護神ファミリア(26=07年ドラフト外)ら生え抜きの若手投手たちがチームを牽引。開幕時の年俸総額8428万ドル(約100億円)は30球団中21位。低予算で運営しながらの快挙だった。

 メッツの育成力、コリンズ監督の手腕を評価する声も聞こえるが、若手育成は球団の財政事情による苦肉の策だった。

 コリンズ監督がメッツの指揮を執るようになったのは11年から。当時はウィルポン前オーナーが金融詐欺事件に巻き込まれ、球団の負債額は4億5900万ドル(約550億円)に膨らんだ。MLBから2500万ドル(約30億円)の融資を受け、球団は機構の管理下に。緊縮財政を強いられ、高給取りを相次いで放出。ドラフトで有望選手を獲得して選手育成に励むしかなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  3. 3

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  4. 4

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  7. 7

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  8. 8

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

  9. 9

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<番外編>

  10. 10

    巨悪に甘い日本の大メディア 米新聞トランプ一斉批判で露呈

もっと見る