メッツがリーグV決定戦 コリンズ監督「最優秀候補」のカラクリ

公開日: 更新日:

 長らく低迷していたメッツを06年以来、9年ぶりのリーグ優勝決定戦に導いたのがテリー・コリンズ監督(66)だ。

 今季はチーム防御率3.45(リーグ4位)の安定した投手力を武器に、開幕前の下馬評を覆して地区優勝を果たした。

 14勝(8敗)のデグロム(27=10年ドラフト9巡目)、13勝(8敗)のハービー(26=10年ドラフト1巡目)、43セーブの守護神ファミリア(26=07年ドラフト外)ら生え抜きの若手投手たちがチームを牽引。開幕時の年俸総額8428万ドル(約100億円)は30球団中21位。低予算で運営しながらの快挙だった。

 メッツの育成力、コリンズ監督の手腕を評価する声も聞こえるが、若手育成は球団の財政事情による苦肉の策だった。

 コリンズ監督がメッツの指揮を執るようになったのは11年から。当時はウィルポン前オーナーが金融詐欺事件に巻き込まれ、球団の負債額は4億5900万ドル(約550億円)に膨らんだ。MLBから2500万ドル(約30億円)の融資を受け、球団は機構の管理下に。緊縮財政を強いられ、高給取りを相次いで放出。ドラフトで有望選手を獲得して選手育成に励むしかなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死に深まる“動機”のナゾ…前日は家族団らん

  2. 2

    竹内結子さん自死 芸能界「理想と現実」の乖離が背景に?

  3. 3

    竹内結子さん突然の訃報で「産後うつだったのか?」の声

  4. 4

    立憲安住淳氏 国民目線でなければ政権から引きずり降ろす

  5. 5

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  6. 6

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  7. 7

    山崎育三郎「エール」に出待ちファン なっちとの私生活は

  8. 8

    竹内結子さん急死の謎 家庭と仕事の両立に金銭的な重圧も

  9. 9

    ボディコン姿で人気 元女子プロレスラー穂積詩子さんは今

  10. 10

    ザ・グレート・カブキさん 怪奇派レスラーは居酒屋を経営

もっと見る