メッツがリーグV決定戦 コリンズ監督「最優秀候補」のカラクリ

公開日: 更新日:

 長らく低迷していたメッツを06年以来、9年ぶりのリーグ優勝決定戦に導いたのがテリー・コリンズ監督(66)だ。

 今季はチーム防御率3.45(リーグ4位)の安定した投手力を武器に、開幕前の下馬評を覆して地区優勝を果たした。

 14勝(8敗)のデグロム(27=10年ドラフト9巡目)、13勝(8敗)のハービー(26=10年ドラフト1巡目)、43セーブの守護神ファミリア(26=07年ドラフト外)ら生え抜きの若手投手たちがチームを牽引。開幕時の年俸総額8428万ドル(約100億円)は30球団中21位。低予算で運営しながらの快挙だった。

 メッツの育成力、コリンズ監督の手腕を評価する声も聞こえるが、若手育成は球団の財政事情による苦肉の策だった。

 コリンズ監督がメッツの指揮を執るようになったのは11年から。当時はウィルポン前オーナーが金融詐欺事件に巻き込まれ、球団の負債額は4億5900万ドル(約550億円)に膨らんだ。MLBから2500万ドル(約30億円)の融資を受け、球団は機構の管理下に。緊縮財政を強いられ、高給取りを相次いで放出。ドラフトで有望選手を獲得して選手育成に励むしかなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    6億円FAが補欠かも…巨人炭谷の正捕手を阻む小林の“鬼肩”

  2. 2

    安倍首相またウソ “自衛官の息子涙目”逸話には元ネタあり

  3. 3

    官邸文書申し入れ問題 記者イジメなぜ内閣記者会ダンマリ

  4. 4

    もし“キャンプ番長”斎藤佑樹の指導者が栗山監督以外なら…

  5. 5

    夏の甲子園準Vの日本文理野球部で…窃盗事件もみ消し疑惑

  6. 6

    自民・田畑毅氏離党か…永田町で飛び交う“女性醜聞”の中身

  7. 7

    ゲレーロ濃厚も…巨人の“超大穴”左翼を他球団が密かに警戒

  8. 8

    乙武さんがハーフ美女と再婚へ 日刊ゲンダイもデート目撃

  9. 9

    日本初「事業再生支援会社」の着手案件が次々と破綻危機

  10. 10

    まるで残尿内閣…統計不正キーマン“チョロ出し”の時間稼ぎ

もっと見る