メッツがリーグV決定戦 コリンズ監督「最優秀候補」のカラクリ

公開日:  更新日:

 長らく低迷していたメッツを06年以来、9年ぶりのリーグ優勝決定戦に導いたのがテリー・コリンズ監督(66)だ。

 今季はチーム防御率3.45(リーグ4位)の安定した投手力を武器に、開幕前の下馬評を覆して地区優勝を果たした。

 14勝(8敗)のデグロム(27=10年ドラフト9巡目)、13勝(8敗)のハービー(26=10年ドラフト1巡目)、43セーブの守護神ファミリア(26=07年ドラフト外)ら生え抜きの若手投手たちがチームを牽引。開幕時の年俸総額8428万ドル(約100億円)は30球団中21位。低予算で運営しながらの快挙だった。

 メッツの育成力、コリンズ監督の手腕を評価する声も聞こえるが、若手育成は球団の財政事情による苦肉の策だった。

 コリンズ監督がメッツの指揮を執るようになったのは11年から。当時はウィルポン前オーナーが金融詐欺事件に巻き込まれ、球団の負債額は4億5900万ドル(約550億円)に膨らんだ。MLBから2500万ドル(約30億円)の融資を受け、球団は機構の管理下に。緊縮財政を強いられ、高給取りを相次いで放出。ドラフトで有望選手を獲得して選手育成に励むしかなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  4. 4

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る