原監督の去就だけじゃない…巨人に必要なコーチ陣の総退陣

公開日:  更新日:

「0点じゃいけません」

 今季、原監督は何度同じ言葉を吐いただろう。 16日のクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージ第3戦で、ヤクルトに2戦連続零封負け。アドバンテージを含め、1勝3敗となり、日本シリーズ出場に王手をかけられた。

 今季のチーム打率はリーグ最下位の.243。深刻な得点力不足はCSに入っても何も変わらなかった。21イニング連続無得点では勝てるはずはない。

 4番の阿部がCSファイナル初戦から4、3、2と安打を量産し、打率.750と絶好調にもかかわらず点が入らない。2点ビハインドの九回無死一、二塁の好機で、5番の長野がこの日2度目の遊ゴロ併殺打に倒れた場面が、今季を象徴していた。

 先発の菅野は6回2失点で敗戦投手。今季のヤクルト戦は4戦4敗で神宮はプロ未勝利の「鬼門」だった。「最低でも1点で抑えないと」と嘆くも後の祭り。チームとしても今季は神宮で3勝8敗のデータ通り、苦戦を強いられている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    消費税撤廃に続き…有言実行のマレーシア首相が反原発宣言

  10. 10

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

もっと見る