原晋
著者のコラム一覧
原晋青山学院大学陸上部監督

1967年3月8日生まれ。広島県出身。広島・世羅高で主将として全国高校駅伝準優勝。中京大卒業後、中国電力陸上競技部1期生として入部。ケガなどで5年の競技人生を終え、同社営業部でサラリーマン人生をスタートした。04年に青学大陸上部監督に就任。09年、33年ぶりに箱根駅伝出場。12年に出雲駅伝初制覇。15年箱根駅伝で青学大を史上初の総合優勝に導いた。

<第2回>「原流マニュアル」を生んだ挫折と飛び込み営業

公開日: 更新日:

 12日の出雲駅伝で青山学院大は、駒沢大と激しいデッドヒートを繰り広げながら“まずは1冠”を達成した。2位の山梨学院大とは38秒差だったが、「我々にはゲームチェンジャーが3人(1区の小椋裕介=4年、3区の久保田和真=4年、6区の一色恭志=3年)いた。2位とのタイム差以上に強さを感じた」と原晋監督(写真)が話すようにエース神野大地(4年)を欠きながら、大学駅伝シーズン開幕戦で「青学強し」を強烈に印象付けた。今回は原監督の指導のベースになっている社会人時代について語ってもらった。(取材・構成=和田悟志)

 今季の青山学院大のチームテーマは「その一瞬を楽しめ! 最強への徹底!」だ。その言葉通りにチームは破竹の勢いで成長し続けている。

 04年からチームの指揮を執る原監督は、今でこそ陸上界で名の知られる存在になったが、何度も口にしてきたセリフがある。「私はもともと陸上界の人間ではない」だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊藤健太郎のひき逃げ逮捕で注目された「野村周平」のナゼ

  2. 2

    伊藤健太郎“有頂天”からの転落 よぎる3年前のひき逃げ事件

  3. 3

    私がラミレス監督を「これぞ、監督!」と評価し続けたワケ

  4. 4

    竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が

  5. 5

    「栄冠は君に輝く」作詞の加賀大介と松井秀喜の意外な縁

  6. 6

    やっぱり?組織委&警察「五輪中止」折り込みドタバタ人事

  7. 7

    ソフトVの裏に非情の工藤采配 内川退団決意と次期監督問題

  8. 8

    加藤綾子にフジ番組MC降板説…“三顧の礼”が評価急落のワケ

  9. 9

    菅首相「経済再開」一本やりで“GoToツインデミック”一直線

  10. 10

    市民は反対票を「大阪都構想」維新は何度でも仕掛けてくる

もっと見る