連敗で早くも窮地 ヤクルトが懇願するソフトB柳田の「沈黙」

公開日: 更新日:

 振れているソフトバンク打線にあって、蚊帳の外に置かれているのが柳田悠岐(27)。2試合で計7打数1安打と精彩を欠いている。

 2連敗スタートでいよいよ追い込まれたヤクルトの窮余の一策は、その柳田を完全に封じることらしい。

 9月26日のロッテ戦で死球を食らった際、左ひざをケガ。当初は打撲とみられていたが、脛骨骨挫傷と診断された。それから1カ月経ったいまでも、ひざが万全でないことが打撃にも影響しているのだろう。3割、30本塁打、30盗塁のトリプルスリーを達成した勢いは、このシリーズでみられない。

 シリーズ前、ヤクルトの野村バッテリーコーチは柳田対策を聞かれ、「内角を意識させるのが大事。壁を崩すことにもなる」と発言。捕手の中村は「特に対応力のある強打者に対しては、インハイとアウトローの攻めでどう乗り越えるか」と話していた。

 ヤクルトバッテリーは実際、シリーズでも柳田の内角を執拗に攻めている。守備でもキーマンの柳田を完全に眠ったままにしておけるかどうかが、3戦目以降のポイントになると考えているようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    たとえ自分の議席を失ってもすでに山本太郎は勝っている

  2. 2

    安倍自民は大誤算 首都圏は「最後の1議席」が大激戦に

  3. 3

    維新に5.7億円もの“セルフ領収書”疑惑 参院選直撃は必至

  4. 4

    TV局に「元SMAP使うな」ジャニーズ事務所“圧力”の裏の傲慢

  5. 5

    宮川大輔が頓挫…24時間TVマラソンランナー選出のドタバタ

  6. 6

    「西城秀樹のサインはダメ」と叱ったジャニー喜多川さん

  7. 7

    ジャニー氏死去で数々の噂 KinKi“解散秒読み”報道は本当か

  8. 8

    まるで被害者ヅラ 昭恵夫人が応援演説で公選法違反のススメ

  9. 9

    メッキはがれ始めたコウキ ママ静香プロデュースが空回り

  10. 10

    吉本「契約書なし」にカミついたハリセンボン春菜の正論

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る