連敗で早くも窮地 ヤクルトが懇願するソフトB柳田の「沈黙」

公開日: 更新日:

 振れているソフトバンク打線にあって、蚊帳の外に置かれているのが柳田悠岐(27)。2試合で計7打数1安打と精彩を欠いている。

 2連敗スタートでいよいよ追い込まれたヤクルトの窮余の一策は、その柳田を完全に封じることらしい。

 9月26日のロッテ戦で死球を食らった際、左ひざをケガ。当初は打撲とみられていたが、脛骨骨挫傷と診断された。それから1カ月経ったいまでも、ひざが万全でないことが打撃にも影響しているのだろう。3割、30本塁打、30盗塁のトリプルスリーを達成した勢いは、このシリーズでみられない。

 シリーズ前、ヤクルトの野村バッテリーコーチは柳田対策を聞かれ、「内角を意識させるのが大事。壁を崩すことにもなる」と発言。捕手の中村は「特に対応力のある強打者に対しては、インハイとアウトローの攻めでどう乗り越えるか」と話していた。

 ヤクルトバッテリーは実際、シリーズでも柳田の内角を執拗に攻めている。守備でもキーマンの柳田を完全に眠ったままにしておけるかどうかが、3戦目以降のポイントになると考えているようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    第2、第3どころか…木下優樹菜引退の裏にいる「4人の男」

  2. 2

    安倍首相の熊本視察にブーイング…惨事便乗“成功体験”崩壊

  3. 3

    中高年コロナ急増…感染拡大は小池知事“ご都合主義”の人災

  4. 4

    織田組長の絆會が近く解散を発表か 山健組の分裂話も浮上

  5. 5

    小池知事がイエスマン優遇 感染症対策のプロ“左遷”で物議

  6. 6

    離婚の噂を直撃のはずが…吉田拓郎の自宅で見た巨人広島戦

  7. 7

    アンジャ渡部建の父が厳命 佐々木希の実家へお詫び行脚

  8. 8

    別居中の杉良太郎を直撃 帰り際「俺はつぶれないから」

  9. 9

    櫻井翔は見えない五輪後にヤキモキ…電通社員の実弟は入籍

  10. 10

    “匂わせ不倫”でさらなる燃料投下 木下優樹菜引退の決定打

もっと見る