日本Sに水差され “賭博&新監督”巨人に両球団から怒りの声

公開日:  更新日:

「せっかく盛り上げようとしているのに、また、巨人が邪魔するのか!」

 両チームの関係者は怒り心頭だった。

 球界の最大イベントである日本シリーズの開幕を翌日に控えた23日、巨人が高橋由伸(40)の監督就任を発表。同時に18年の現役生活に幕を下ろすことも決まり、新聞もテレビも高橋由の「監督就任&引退」で持ち切りになってしまったのだから、ソフトバンクとヤクルトからブーイングが出たのも当然だった。

 シリーズ開幕前日のこの日、決戦の舞台となる福岡では予告先発の採否を巡って、工藤監督(52)と真中監督(44)が監督会議でやりあった。

「パは予告先発をやってきたし、できれば取り入れたいと考えている」

 工藤監督がこう口火を切ると、真中監督は笑顔を見せながらもピシャリと言った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  3. 3

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  4. 4

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  5. 5

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  6. 6

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  7. 7

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  8. 8

    野党共闘に消極的…立憲民主党の枝野戦略は奏功するのか

  9. 9

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  10. 10

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

もっと見る