「寡黙で誤解されやすい」 恩師語るG高橋監督への期待と不安

公開日:  更新日:

 入団当時の長嶋監督(現・終身名誉監督)が「天才」と評した打撃で18年間、巨人を引っ張った。今季限りで現役を引退。「卒業生の星」と言う慶大時代の恩師・後藤寿彦監督(62=現JR西日本総監督)に教え子について聞いた。

 慶大時代は1年時からレギュラー。4年時には主将を務め、東京6大学リーグ新記録の通算23本塁打を放った。今年8月22日に広島遠征時の高橋由を自宅に招いて食事をしたという。

「その時も『来年もまだやれるな』といった話をしました。よく美しい打撃フォームといわれますが、大学時代はそうは思いませんでした。でも今、当時の映像を見返すと『きれいだな』と(笑い)。現役を引退する寂しさはありますね」

 慶大時代の思い出は主将に任命された際の投票だという。

「慶大は4年生が卒業する時、次の主将を推薦して監督が承認するという形で決まるのですが、あの時は4年生が全員一致で3年生の由伸と言ったんです。これはあまりないこと。当時からレギュラーで、試合に出て背中で引っ張って欲しいというのがあったのでしょう。由伸は上にお兄さんが2人いて、本人は三男坊。それにしては下級生の面倒見が良く、仲間を大事にする子でした。あの頃はボクがやらせていた感じで、残って練習をしていたなどの印象はないのですが、由伸の『人望』が票を集めたんだと思います。リーダーシップはあまり感じなかったけど、自分を犠牲にしてチームを優先する意識は、他の選手と比べてもズバぬけていました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  10. 10

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

もっと見る