原前監督も危惧 “優等生”高橋由G監督に隠された「優柔不断」

公開日:  更新日:

 12年に日本一になった記念に原辰徳監督(57)が88本の腕時計を特注でつくったことがあった。

「1本77万円もするロレックスです。購入希望者が募られ、選手が『どうする? 高いけど、買わないと監督の心証を害するぞ』などとヒソヒソやっているときに、『由伸さんは2本注文したって』という話になった。『さすが』という声が出る一方で、『由伸さんらしいな』『いまさら監督にゴマをすらなくたっていいのに』と苦笑いする選手もいましたね。誰もが認める精神的支柱ではあるけれど、チームリーダーとしては、オレについてこいというガキ大将ではなく、みんなでうまくやりましょうという生徒会長に近いタイプかな」(チーム関係者)

 巨人を逆指名した入団時も今回の監督就任も、巨人の思惑に翻弄され、本意でないながらもそれに逆らわず、用意されたレールに乗る――。そんなイメージが拭えない。今週発売の週刊ポストで重鎮OBの広岡達朗氏が、<巨人の監督というのは球界全体に影響力を持つから、務める人物は一番の器が求められる。(中略)はっきり言いますが、現状の彼に巨人の監督の資格はない。何億円ももらっておきながらあそこが痛い、ここが痛いとロクに練習もしないサボリ魔ですからね>と、厳しい言葉を投げかけているのも、肉体的だけではない高橋由の線の細さ、頼りなさを心配しているからだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    「今日俺」人気を陰で支えた“カメレオン俳優”太賀の底力

  3. 3

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  4. 4

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  5. 5

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  6. 6

    和田アキ子の大晦日が“空白” NHK紅白サプライズ出演あるか

  7. 7

    北島三郎復帰に“禁じ手” 平成最後のNHK紅白は無法地帯に

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  10. 10

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

もっと見る