原前監督も危惧 “優等生”高橋由G監督に隠された「優柔不断」

公開日: 更新日:

 12年に日本一になった記念に原辰徳監督(57)が88本の腕時計を特注でつくったことがあった。

「1本77万円もするロレックスです。購入希望者が募られ、選手が『どうする? 高いけど、買わないと監督の心証を害するぞ』などとヒソヒソやっているときに、『由伸さんは2本注文したって』という話になった。『さすが』という声が出る一方で、『由伸さんらしいな』『いまさら監督にゴマをすらなくたっていいのに』と苦笑いする選手もいましたね。誰もが認める精神的支柱ではあるけれど、チームリーダーとしては、オレについてこいというガキ大将ではなく、みんなでうまくやりましょうという生徒会長に近いタイプかな」(チーム関係者)

 巨人を逆指名した入団時も今回の監督就任も、巨人の思惑に翻弄され、本意でないながらもそれに逆らわず、用意されたレールに乗る――。そんなイメージが拭えない。今週発売の週刊ポストで重鎮OBの広岡達朗氏が、<巨人の監督というのは球界全体に影響力を持つから、務める人物は一番の器が求められる。(中略)はっきり言いますが、現状の彼に巨人の監督の資格はない。何億円ももらっておきながらあそこが痛い、ここが痛いとロクに練習もしないサボリ魔ですからね>と、厳しい言葉を投げかけているのも、肉体的だけではない高橋由の線の細さ、頼りなさを心配しているからだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  3. 3

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

  4. 4

    就職戦線“買い手市場”に激変 新卒採用は氷河期に向かう

  5. 5

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  6. 6

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  7. 7

    木浪と近本は数試合で…矢野阪神「4番・大山」の賞味期限

  8. 8

    FA市場の大物が売れ残る背景…“格下”より低い金額を拒否

  9. 9

    あるのか阪神? 貧打と補強下手の“4度目赤っ恥”緊急補強

  10. 10

    衆院2補選惨敗で自民真っ青…夏の“衆参W選”へ一気に現実味

もっと見る