江川氏は最初から論外 G高橋監督擁立は「賭博」の目くらまし

公開日: 更新日:

 21日、日本野球機構(NPB)が中間報告として福田聡志(32)に加え、笠原将生(24)と松本竜也(22)も野球賭博に関わっていたことを明らかにする直前のことだ。

 それまで「次期監督最右翼」とマスコミを賑わせていたのはOBである江川卓氏(60)の名前だった。しかし、久保球団社長は、「彼(江川氏)を交渉の対象として見たことは一度もない」と断言。さるOBも「球団は江川氏にオファーどころか、声すら掛けていないと聞いている」と話す。

 それなら、なぜ江川氏が「本命視」されていたのか。

「原前監督は11年に、江川氏をヘッドコーチとして招聘しようとしたことがある。清武元球団代表と編成権をめぐる争いの最中だったとはいえ、自ら読売首脳に掛け合ったといいますからね。江川氏の能力を評価しているかどうかはともかく、今回も江川氏の名前はどうやら原前監督の周辺から出ていたようです」と前出のOB氏がこう続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    年金8兆円消えた…姑息GPIFが発表「今後失う」衝撃の数字

  2. 2

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  3. 3

    中国の“弱点”三峡ダムが決壊の危機…世界中で株価の暴落も

  4. 4

    ガッキー知人が悩み明かす「実年齢とのギャップに違和感」

  5. 5

    老舗経済誌が安倍首相批判を特集した理由 編集長に聞いた

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    韓国俳優と熱愛報道 綾瀬はるかが亡父に誓った結婚の執念

  8. 7

    久米宏は日本のテレビやラジオにまだ必要だ

  9. 8

    西村コロナ担当相がイラつき激高 “逆ギレ会見”に批判殺到

  10. 9

    昭和の俳優はビクともせず…不倫取材の核は「本妻」にあり

  11. 10

    安倍首相「自画自賛ウソ会見」と何も突っ込まないお粗末記者

もっと見る