江川氏は最初から論外 G高橋監督擁立は「賭博」の目くらまし

公開日:  更新日:

 21日、日本野球機構(NPB)が中間報告として福田聡志(32)に加え、笠原将生(24)と松本竜也(22)も野球賭博に関わっていたことを明らかにする直前のことだ。

 それまで「次期監督最右翼」とマスコミを賑わせていたのはOBである江川卓氏(60)の名前だった。しかし、久保球団社長は、「彼(江川氏)を交渉の対象として見たことは一度もない」と断言。さるOBも「球団は江川氏にオファーどころか、声すら掛けていないと聞いている」と話す。

 それなら、なぜ江川氏が「本命視」されていたのか。

「原前監督は11年に、江川氏をヘッドコーチとして招聘しようとしたことがある。清武元球団代表と編成権をめぐる争いの最中だったとはいえ、自ら読売首脳に掛け合ったといいますからね。江川氏の能力を評価しているかどうかはともかく、今回も江川氏の名前はどうやら原前監督の周辺から出ていたようです」と前出のOB氏がこう続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  4. 4

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  5. 5

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  6. 6

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    奇妙な縁が結んだ梅宮辰夫とロバート秋山の幸福な関係

  9. 9

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  10. 10

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

もっと見る