入団時と状況酷似…またも巨人に翻弄される高橋由の“悲哀”

公開日: 更新日:

「気の毒に……」

 チーム内からはそんな声が聞こえてくる。

 高橋由伸(40)に一本化された巨人の次期監督候補。さっそく昨20日に都内で初交渉が行われたが、「由伸が幹部候補生なのは誰もが認めるところだけど、来季からということになると本人にとってはまさに青天の霹靂でしょう。一本化という既成事実をつくられ、外堀を埋められてノーとは言えない雰囲気になっている。結局、また巨人に翻弄されるとすれば……ねえ?」とチーム関係者は言うのである。

 多くの関係者の頭をよぎるのが、97年11月4日に慶大の日吉校舎で行われた逆指名会見だ。その日の朝のスポーツ紙は「高橋由、西武入りを決断!」「高橋由、ヤクルトを逆指名!」の2つに分かれ、他球団のスカウトも「そのどちらか」と口を揃えた。だが、生気のない青白い顔で会見場に現れた高橋由は、着席するや巨人逆指名を表明。晴れがましい席に似つかわしくない、暗くて重い口調だった。直後、会見場にいた関係者の携帯電話が鳴り、「巨人だよ、巨人! ホント、ウソじゃないって。今、本人が言った!」と外に飛び出した。電話の相手は、他ならぬ巨人のスカウト。当事者ですら驚く、まさかの逆指名だったのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死に深まる“動機”のナゾ…前日は家族団らん

  2. 2

    立憲安住淳氏 国民目線でなければ政権から引きずり降ろす

  3. 3

    竹内結子さん突然の訃報で「産後うつだったのか?」の声

  4. 4

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  5. 5

    山崎育三郎「エール」に出待ちファン なっちとの私生活は

  6. 6

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  7. 7

    ボディコン姿で人気 元女子プロレスラー穂積詩子さんは今

  8. 8

    竹内結子さん自死 芸能界「理想と現実」の乖離が背景に?

  9. 9

    ザ・グレート・カブキさん 怪奇派レスラーは居酒屋を経営

  10. 10

    芦田愛菜の八面六臂の活躍で実感…子役の果ては女高男低

もっと見る