大胆な阿部とは対照的…G高橋新監督「慎重かつ臆病」の素顔

公開日:  更新日:

 多くの問題を抱える巨人の第18代監督に40歳の高橋由伸が就任した。2位に終わったチームは世代交代の過渡期を迎え、戦力は明らかに下降線をたどる。そのうえ、野球賭博事件が発覚して大激震。盟主が屋台骨から揺らぐ中での船出だ。97年のドラフトで自らの意思に反して巨人に入団したといわれる高橋由は今また、現役に強い未練を残しながら、周囲から完全に外堀を埋められる形で火中の栗を拾う。「従順な天才打者」の正体を改めて探る――。

「大変、重いというか、すごい責任がある役割になりますが、今までの先輩たちがつくりあげた伝統を守りつつ、自分らしさも出しながら、不安もいっぱいありますが、覚悟を持って邁進していきたいと思います」

 26日、都内で開かれた就任会見。3年契約で球団の要請を受諾した高橋由伸新監督は、集まった155人の報道陣を前に硬い表情でこう言った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  8. 8

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  9. 9

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  10. 10

    前JGTO副会長が吐露 男子2試合“消滅”は青木功会長が招いた

もっと見る