• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

なぜ岩隈を素直に祝ってやらぬのだ!

 岩隈久志がノーヒットノーランを達成した日、地元シアトルのマリナーズファンは「岩隈」の「クマ」と「熊」をひっかけたベアハットという帽子をかぶって沸き返った。素直に笑顔でスタンドのファンに手を振る姿がニュースで流れ、全米メディアはこぞって快挙を絶賛した。誇らしいのう!

 ノーヒットノーランというのは、2時間ほどの凝縮されたせめぎ合いの中で傑出した投手力と守備力が噛み合った時だけに起こる野球の奇跡である。だらだら出続けてどうやら2000安打を打って渡される名球会のジャケットとは瞬発力が違う。誇らしいのう!

 翌日の各スポーツ紙、競うように1面トップでデカく載せるだろうと思っていたが、スポーツ報知の1面トップは「清宮の『不思議な力』打!」。

 まあ、地味で夏バテ気味でふがいない自分とこの巨人を1面トップに載せても販売部数は伸びぬとみたか、3回戦に進んだだけの高校1年生、巨漢甲子園児がトップたあノ~テンキだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  2. 2

    BTSとのコラボ中止に賛否 顔に泥塗られた秋元康“次の一手”

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  5. 5

    屈辱の本拠地負け越し…巨人が東京ドーム嫌いになったワケ

  6. 6

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  7. 7

    アマ競技で多発する不祥事 機能不全のJOCに解決できるのか

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  10. 10

    K-POPガールズ空前のブーム レコード会社熾烈争奪戦の行方

もっと見る