なんとも地味なプレミア12 “看板倒れ”の裏にMLBの意向が

公開日:  更新日:

「WBCでもないのに、何でこの時期に日本代表が試合をしてるんだ?」と首をひねる野球ファンも少なくないだろう。

 今年が第1回大会となるWBSCプレミア12。野球世界一を決めると同時に国際的な野球普及として、今後は4年に1度開催される。発端となったのはIBAF(国際野球連盟)の財政難だ。08年北京五輪を最後に五輪から野球がなくなってからというもの、IBAFの財政は壊滅状態。やむなくMLBから金銭の援助を受けることになったが、代わりに突きつけられたのが「知名度のないIBAF主催大会の廃止、および新しい国際大会の再編」だ。

 アメリカ野球愛好会副代表の鈴村裕輔氏が言う。

「ドジャースのオーナーだったオマリー家があった時分ならまだしも、現在のMLBは国際的な野球普及にさほど興味がない。MLBは米国4大スポーツの中で唯一、WBCという国際大会を主催している。表向きはともかく、本音はWBCさえあればいいというスタンスです。プレミア12も『適当にやってくれ』という態度なので、当然メジャーリーガーも派遣しない。その結果、看板と中身が一致しない大会になった」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  7. 7

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

  10. 10

    中田翔は3年10億円 破格契約の裏に日ハムの“イメージ戦略”

もっと見る