なんとも地味なプレミア12 “看板倒れ”の裏にMLBの意向が

公開日: 更新日:

「WBCでもないのに、何でこの時期に日本代表が試合をしてるんだ?」と首をひねる野球ファンも少なくないだろう。

 今年が第1回大会となるWBSCプレミア12。野球世界一を決めると同時に国際的な野球普及として、今後は4年に1度開催される。発端となったのはIBAF(国際野球連盟)の財政難だ。08年北京五輪を最後に五輪から野球がなくなってからというもの、IBAFの財政は壊滅状態。やむなくMLBから金銭の援助を受けることになったが、代わりに突きつけられたのが「知名度のないIBAF主催大会の廃止、および新しい国際大会の再編」だ。

 アメリカ野球愛好会副代表の鈴村裕輔氏が言う。

「ドジャースのオーナーだったオマリー家があった時分ならまだしも、現在のMLBは国際的な野球普及にさほど興味がない。MLBは米国4大スポーツの中で唯一、WBCという国際大会を主催している。表向きはともかく、本音はWBCさえあればいいというスタンスです。プレミア12も『適当にやってくれ』という態度なので、当然メジャーリーガーも派遣しない。その結果、看板と中身が一致しない大会になった」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小池知事が安倍政権にケンカ売る「Go To」狙い撃ちの計算

  2. 2

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  3. 3

    上沼恵美子は「そうそう」と笑顔の次の瞬間「黙っとれ!」

  4. 4

    嵐・相葉に流れ弾…渡部建“トイレ不倫”騒動でトバッチリ

  5. 5

    池江璃花子は闘病で筋肉失うも…ブランクがプラスになる訳

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  8. 7

    大野智だけが難色か…嵐「24時間テレビ」不参加の肩すかし

  9. 8

    UUUMを疑問視「20%は割に合わない」と退所決めたYouTuber

  10. 9

    PCR検査=反日の原因分析 「おはよう日本」はNHKの希望だ

  11. 10

    元ヤン木下優樹菜の更生を“全方位”で支える藤本の献身ぶり

もっと見る