なんとも地味なプレミア12 “看板倒れ”の裏にMLBの意向が

公開日:  更新日:

「WBCでもないのに、何でこの時期に日本代表が試合をしてるんだ?」と首をひねる野球ファンも少なくないだろう。

 今年が第1回大会となるWBSCプレミア12。野球世界一を決めると同時に国際的な野球普及として、今後は4年に1度開催される。発端となったのはIBAF(国際野球連盟)の財政難だ。08年北京五輪を最後に五輪から野球がなくなってからというもの、IBAFの財政は壊滅状態。やむなくMLBから金銭の援助を受けることになったが、代わりに突きつけられたのが「知名度のないIBAF主催大会の廃止、および新しい国際大会の再編」だ。

 アメリカ野球愛好会副代表の鈴村裕輔氏が言う。

「ドジャースのオーナーだったオマリー家があった時分ならまだしも、現在のMLBは国際的な野球普及にさほど興味がない。MLBは米国4大スポーツの中で唯一、WBCという国際大会を主催している。表向きはともかく、本音はWBCさえあればいいというスタンスです。プレミア12も『適当にやってくれ』という態度なので、当然メジャーリーガーも派遣しない。その結果、看板と中身が一致しない大会になった」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  2. 2

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  3. 3

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  4. 4

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

  7. 7

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  8. 8

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  9. 9

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  10. 10

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

もっと見る