侍J3番濃厚のヤクルト山田 プレミア12は苦手“初モノ”続き

公開日: 更新日:

「ここから始まるなという感じですね」

 こう言って気持ちを高ぶらせたのは、ヤクルト山田哲人だ。

 3日、8日開幕の「プレミア12」に向けた日本代表の全体練習がヤフオクドームでスタート。小久保監督が「ポイントになる」と日本の軸として期待を寄せる山田は、5、6日に行われるプエルトリコとの強化試合で、3番起用の可能性もある。

 今季はトリプルスリーを達成し、飛躍的成長を遂げた山田だが、短期決戦である国際大会に向けての課題もある。

 それが「初モノ」の克服だ。3月の欧州代表との強化試合は、格下相手ということもあり、さほど影響を感じさせなかったが、先日のソフトバンクとの日本シリーズではその課題が垣間見えた。

 全5試合で19打数4安打、3本塁打、5打点の成績だった山田が結果を残したのは実質、1試合3本塁打のシリーズ新記録を達成した3戦目のみ。とりわけ初対戦の武田、バンデンハークには計1安打と自慢のバットが湿った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  3. 3

    木下優樹菜に第2、第3の男の影「急転引退」狙いと全舞台裏

  4. 4

    手越祐也の新居家賃200万円問題 ジャニーズ退所で楽勝か

  5. 5

    安倍首相の顔色に異変…髪乱れ生気なく党内に懸念広がる

  6. 6

    渡部と東出の不倫で好機 田辺誠一&大塚寧々夫婦株が急騰

  7. 7

    小池都知事“地元のお友達”豊島区優遇で新宿区長がブチ切れ

  8. 8

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  9. 9

    “ゴマカシ説明”連発の小池都知事が招く感染爆発と医療崩壊

  10. 10

    元ヤン木下優樹菜の更生を“全方位”で支える藤本の献身ぶり

もっと見る