侍J3番濃厚のヤクルト山田 プレミア12は苦手“初モノ”続き

公開日:  更新日:

「ここから始まるなという感じですね」

 こう言って気持ちを高ぶらせたのは、ヤクルトの山田哲人だ。

 3日、8日開幕の「プレミア12」に向けた日本代表の全体練習がヤフオクドームでスタート。小久保監督が「ポイントになる」と日本の軸として期待を寄せる山田は、5、6日に行われるプエルトリコとの強化試合で、3番起用の可能性もある。

 今季はトリプルスリーを達成し、飛躍的成長を遂げた山田だが、短期決戦である国際大会に向けての課題もある。

 それが「初モノ」の克服だ。3月の欧州代表との強化試合は、格下相手ということもあり、さほど影響を感じさせなかったが、先日のソフトバンクとの日本シリーズではその課題が垣間見えた。

 全5試合で19打数4安打、3本塁打、5打点の成績だった山田が結果を残したのは実質、1試合3本塁打のシリーズ新記録を達成した3戦目のみ。とりわけ初対戦の武田、バンデンハークには計1安打と自慢のバットが湿った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  4. 4

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

もっと見る