侍ジャパンは「U-25」選抜で戦うべし!

公開日: 更新日:

 9月に発表された候補選手45人から、打順を組んでみた。

 1番 二塁 菊池涼介広島
 2番 中堅 中村晃ソフトバンク
 3番 一塁 山田哲人ヤクルト
 4番 左翼 筒香嘉智(DeNA)
 5番 捕手 森友哉西武
 6番 DH 浅村栄斗(西武)
 7番 右翼 大谷翔平日本ハム
 8番 遊撃 今宮健太(ソフトバンク)
 9番 三塁 中島卓也(日本ハム)

 中田翔(日本ハム)も、柳田悠岐(ソフトバンク)もメンバーから外した。25歳以下を基準とし、フレッシュなメンバーを集めた。

 25歳以下に設定したのには理由がある。25歳は高卒だとプロ7年目(大卒は4年目)にあたる。今大会は「WBC」とは違い、現時点でメジャー40人枠の選手は出場しない方向。最大のライバル国になるだろうアメリカは、必然的にマイナーの若い選手が中心のメンバーになるはず。韓国のように年齢制限なくベストメンバーを揃える国は脅威だが、ここは2年後の2017年に控えるWBCに向け、若手成長の場と考えてみるのもアリかと思う(ちなみに大谷は二刀流で。45人という枠を取っ払えばさらに魅力あるメンバーが選べたが……)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

  3. 3

    <1>管理職には“小池リスク”…誰もが潰され使い捨てられる

  4. 4

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  5. 5

    不正販売で処分の「かんぽ生命」が受け継いだ磯田イズム

  6. 6

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  7. 7

    レバノン大爆発…逃亡したゴーン被告に迫る深刻な危機

  8. 8

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  9. 9

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  10. 10

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

もっと見る