首位と3打差の優勝圏内なのに…松山英樹はなぜイライラ?

公開日:  更新日:

【米ツアーCIMBクラシック】

 首位と3打差2位発進の松山英樹(23)。2日目は6バーディー、ノーボギーの66で回り通算13アンダー3位タイと優勝圏内をキープしている。

 ただ2日間で14バーディーを奪い、ボギーは1つだけという内容にも満足していない。

「初日に比べたらショットもパットもうまくいかない部分があり、不満の残るラウンドになった。それでもスコアを伸ばせたのは良かった。いまの状況だと勝てないので、伸ばし合いについていけるようにしたい」(松山)

 今季3戦目は海外開催となり、ワールドランク(WR)上位選手がこぞって欠場している。WR15位の松山より上は7位H・ステンソン、11位S・ガルシアの2人だけで、1位J・デイ、2位J・スピース、3位R・マキロイといった有力選手がいないだけに今週は松山にも優勝のチャンスがある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

  10. 10

    平成最後の紅白は迷走…“目玉なし”で視聴率最低の大ピンチ

もっと見る