伊沢、丸山茂も…左手首痛再発の松山に「致命傷」心配する声

公開日:  更新日:

 米ツアー2015―16シーズンが開幕。優勝予想ランク2位に挙げられた松山英樹(23)は通算10アンダー、17位タイで終えた。

 松山は前週、韓国で行われた「ザ・プレジデンツ杯」に出場。休む間もなく米国に戻り、新シーズンに突入したが、8月初旬の「BS招待」から9大会連続出場の強行日程だった。

 昨年の今大会は3位タイに入り、コースとの相性も良いうえ、来年8月のリオ五輪に向け、「米国に来ていつも1週間、2週間と期間を空けてやっていた。たまにはタイトなスケジュールを(経験したい)と思っていた。どこかでこうなる時が来る。勉強になった」と語ったように、初戦出場はテスト的な意味合いも含まれていた。

 しかし、松山は昨シーズンは25試合でベスト10入り9回(ツアー6位)ではあるものの未勝利。メジャータイトル獲得を目標に掲げながら意気込みばかりでカラ回り。マスターズこそ5位だったが、全米オープン、全英オープンは18位。全米プロは37位とベスト10入りもかなわなかった。「もっと優勝争いに加わることが大事」と、無理を重ねた結果が、プレジデンツ杯での左手首痛の再発だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  4. 4

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  5. 5

    巨額税収減に負け惜しみ連発…小池知事がさらけ出した無能

  6. 6

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  7. 7

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  8. 8

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

  9. 9

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  10. 10

    雄星メジャー“最後の壁” 球団ドクター難癖で買い叩き懸念

もっと見る