伊沢、丸山茂も…左手首痛再発の松山に「致命傷」心配する声

公開日: 更新日:

 米ツアー2015―16シーズンが開幕。優勝予想ランク2位に挙げられた松山英樹(23)は通算10アンダー、17位タイで終えた。

 松山は前週、韓国で行われた「ザ・プレジデンツ杯」に出場。休む間もなく米国に戻り、新シーズンに突入したが、8月初旬の「BS招待」から9大会連続出場の強行日程だった。

 昨年の今大会は3位タイに入り、コースとの相性も良いうえ、来年8月のリオ五輪に向け、「米国に来ていつも1週間、2週間と期間を空けてやっていた。たまにはタイトなスケジュールを(経験したい)と思っていた。どこかでこうなる時が来る。勉強になった」と語ったように、初戦出場はテスト的な意味合いも含まれていた。

 しかし、松山は昨シーズンは25試合でベスト10入り9回(ツアー6位)ではあるものの未勝利。メジャータイトル獲得を目標に掲げながら意気込みばかりでカラ回り。マスターズこそ5位だったが、全米オープン、全英オープンは18位。全米プロは37位とベスト10入りもかなわなかった。「もっと優勝争いに加わることが大事」と、無理を重ねた結果が、プレジデンツ杯での左手首痛の再発だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    トランプ親書を尻に?安倍首相の外交力を海外メディア酷評

  2. 2

    5%割れなら…NHKが密かに画策「いだてん」終了プラン

  3. 3

    自民が陥った参院選目前の“三重苦” 1人区に逆風で状況一変

  4. 4

    生保調査で分かった 60歳2000人貯蓄の内実と迫る消費不況

  5. 5

    “仰天婚”山里と“闇営業解雇”入江 吉本芸人の明暗クッキリ

  6. 6

    「いだてん」はオワコン NHK早くも「麒麟が来る」必勝態勢

  7. 7

    宮迫「アメトーク!」優良スポンサーCM消滅危機で崖っぷち

  8. 8

    韓国芸能界は騒然…YGヤン会長辞任の波紋と日本への影響

  9. 9

    安易なトランプ依存 イラン訪問で露呈した安倍外交の限界

  10. 10

    「心残りはアメリカを見ずに死ぬことさ」と言い残した学徒特攻隊員

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る