伊沢、丸山茂も…左手首痛再発の松山に「致命傷」心配する声

公開日: 更新日:

 米ツアー2015―16シーズンが開幕。優勝予想ランク2位に挙げられた松山英樹(23)は通算10アンダー、17位タイで終えた。

 松山は前週、韓国で行われた「ザ・プレジデンツ杯」に出場。休む間もなく米国に戻り、新シーズンに突入したが、8月初旬の「BS招待」から9大会連続出場の強行日程だった。

 昨年の今大会は3位タイに入り、コースとの相性も良いうえ、来年8月のリオ五輪に向け、「米国に来ていつも1週間、2週間と期間を空けてやっていた。たまにはタイトなスケジュールを(経験したい)と思っていた。どこかでこうなる時が来る。勉強になった」と語ったように、初戦出場はテスト的な意味合いも含まれていた。

 しかし、松山は昨シーズンは25試合でベスト10入り9回(ツアー6位)ではあるものの未勝利。メジャータイトル獲得を目標に掲げながら意気込みばかりでカラ回り。マスターズこそ5位だったが、全米オープン、全英オープンは18位。全米プロは37位とベスト10入りもかなわなかった。「もっと優勝争いに加わることが大事」と、無理を重ねた結果が、プレジデンツ杯での左手首痛の再発だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マツコ「ホンマでっか」降板 カネより義理、裏方との関係

  2. 2

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  3. 3

    原監督はG史上最多の1067勝 なぜ他からオファーがない?

  4. 4

    ジャパンライフ詐欺は安倍‐菅案件 行政大甘対応の根源

  5. 5

    自民党総裁選 カッコ悪い大人たちにど汚いもの見せられた

  6. 6

    平沢復興相 前首相の私怨で冷遇…入閣に“故郷”は冷めた声

  7. 7

    瀬戸大也がラブホ不倫…妻が本紙に語っていた献身ぶり

  8. 8

    山口達也容疑者の飲酒事故がTOKIO松岡の仕事に影を落とす

  9. 9

    自民コロナ陽性も濃厚接触者ゼロ 保健所“上級国民”優遇か

  10. 10

    実父は有名な成功者 菅首相は苦労人どころか“お坊ちゃん”

もっと見る