伊沢、丸山茂も…左手首痛再発の松山に「致命傷」心配する声

公開日:  更新日:

 米ツアー2015―16シーズンが開幕。優勝予想ランク2位に挙げられた松山英樹(23)は通算10アンダー、17位タイで終えた。

 松山は前週、韓国で行われた「ザ・プレジデンツ杯」に出場。休む間もなく米国に戻り、新シーズンに突入したが、8月初旬の「BS招待」から9大会連続出場の強行日程だった。

 昨年の今大会は3位タイに入り、コースとの相性も良いうえ、来年8月のリオ五輪に向け、「米国に来ていつも1週間、2週間と期間を空けてやっていた。たまにはタイトなスケジュールを(経験したい)と思っていた。どこかでこうなる時が来る。勉強になった」と語ったように、初戦出場はテスト的な意味合いも含まれていた。

 しかし、松山は昨シーズンは25試合でベスト10入り9回(ツアー6位)ではあるものの未勝利。メジャータイトル獲得を目標に掲げながら意気込みばかりでカラ回り。マスターズこそ5位だったが、全米オープン、全英オープンは18位。全米プロは37位とベスト10入りもかなわなかった。「もっと優勝争いに加わることが大事」と、無理を重ねた結果が、プレジデンツ杯での左手首痛の再発だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

  10. 10

    妊娠を“計画”発表…前田敦子「デキ婚」かたくな否定のウラ

もっと見る