ベスト10に日本人たった3人…「ゴルフが下手すぎる」と苦言

公開日:  更新日:

【マイナビABCチャンピオンシップ】

 まるで韓国でのゴルフ大会を見せられているようだった。

 最終日最終組は韓国人プロ3人。宮本勝昌(43)、片岡大育(27)の2人が2位に入ったとはいえ、ベスト10に日本人はたった3人とV争いからは完全に蚊帳の外だった。

 優勝は賞金王レーストップを走る金庚泰(29)。今季5勝目で2位との賞金差は約7568万円。2度目の賞金王タイトル獲得に向け、大きくリードした。毎週のように韓国人プロが活躍して、これではどこの国のトーナメントなのかと疑いたくもなる。

「ホント、がっかりしました。これまで五十数年間、ゴルフ中継をずっと見てきましたが、最終日を観戦しなかったのは初めてです」と、評論家の早瀬利之氏がこう続ける。

「3日目が終わった時点で、上位は韓国選手がズラリと並んでおり、ハナから見ようとも思いませんでした。日本人が勝たない試合など見たくもありませんから。3日目の中継では、中継局のアナウンサーと解説の田中秀道が盛り上げようと必死に実況していましたが、聞いてて哀れでしたね。かつては数多くのドラマが生まれた大会だけに、余計残念です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  10. 10

    ボールの下にバットを入れる“ホームラン打法”に対する誤解

もっと見る