今田竜二は今季65万円…賞金少ないプロはどうやって稼ぐ?

公開日:  更新日:

【平和PGMチャンピオンシップ】

 米ツアー1勝で、海外で戦っているイメージが強い今田竜二(39)が、日本ツアーに出場している。

 14歳で単身渡米し、米ジョージア大学時代はタイガー・ウッズと競い合い、中退後の05年に米ツアーメンバーになった。08年AT&Tクラシックで日本人3人目となる米ツアー優勝。年間獲得賞金が約303万ドルを稼いだこともある。

 05年から8年間、米シードをキープしたが、12年に喪失。翌13年は日米合わせて賞金約1392万円。14年は同1721万円。今季は米ツアーで4試合、下部ツアーも2試合連続で予選落ちするなど、稼ぎはゼロ。国内ツアー3戦出場も賞金はわずか計65万9600円しかない。日米でシード権のない今田は、推薦などを除いて出場機会も限られる。

 今田の財布の心配をするわけではないが、ウエア、クラブメーカーとスポンサー契約があってカネは入ってくるとはいえ、本業で賞金ゼロでは「大丈夫なの?」と心配になる向きも多い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  4. 4

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  5. 5

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

  9. 9

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  10. 10

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

もっと見る