イ・ボミなぜ出場できなかった? 新団体戦の“有名無実”

公開日: 更新日:

【ザ・クイーンズ】

 日本、韓国、欧州、豪州の各女子ツアーから代表9選手が出場して、今年から始まった団体戦。

 日本はダブルス戦が行われた初日、2日目は負けなしで22ポイントを獲得。2位韓国に14ポイント差をつけて楽勝か、と思われた。

 しかしシングルス戦になると韓国が猛追した。

 この日は日本勢5番手に出場した渡邉彩香(22)が、チョ・ユンジ(韓)相手に1アップで迎えた最終18番パー4でバーディーを決めて2アップ。日本チームに初優勝を呼び込んだ。

 団体戦で後れをとっても個人戦になると韓国の粘り強さが光った。

 大会3日目は日本の19ポイント(6勝2敗1分け)に対して韓国は24ポイント(8勝1敗)と上回った。それにしても不思議なのは各ツアーの代表プロによる対抗戦とうたいながら、日本ツアー賞金女王のイ・ボミが韓国代表で出場したことだ。ボミが日本代表ならヒヤヒヤしなくても楽勝だったはずだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権「賭けマージャンは賭博罪」過去の閣議決定で墓穴

  2. 2

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  3. 3

    軍国主義に協力した「NHK朝ドラ」モデル 自発的隷従の怖さ

  4. 4

    黒川氏辞任は身内の司法取引 東京高検“ルール”なら3アウト

  5. 5

    木村花さん死去の悲劇…視聴者はフィクションへの認識欠如

  6. 6

    安倍首相が承認に前のめり “アベ友薬”アビガンに黄信号

  7. 7

    同志社女子大・影山貴彦氏 エンタメは不要不急でも不可欠

  8. 8

    見限られた日本のカジノ構想 世界一の業者が豹変した背景

  9. 9

    守護神辞任で…官邸が次の検察トップに据えたい“ミニ黒川”

  10. 10

    親から勘当状態…近江アナ“15歳差婚”で生じたわだかまり

もっと見る