イ・ボミなぜ出場できなかった? 新団体戦の“有名無実”

公開日:  更新日:

【ザ・クイーンズ】

 日本、韓国、欧州、豪州の各女子ツアーから代表9選手が出場して、今年から始まった団体戦。

 日本はダブルス戦が行われた初日、2日目は負けなしで22ポイントを獲得。2位韓国に14ポイント差をつけて楽勝か、と思われた。

 しかしシングルス戦になると韓国が猛追した。

 この日は日本勢5番手に出場した渡邉彩香(22)が、チョ・ユンジ(韓)相手に1アップで迎えた最終18番パー4でバーディーを決めて2アップ。日本チームに初優勝を呼び込んだ。

 団体戦で後れをとっても個人戦になると韓国の粘り強さが光った。

 大会3日目は日本の19ポイント(6勝2敗1分け)に対して韓国は24ポイント(8勝1敗)と上回った。それにしても不思議なのは各ツアーの代表プロによる対抗戦とうたいながら、日本ツアー賞金女王のイ・ボミが韓国代表で出場したことだ。ボミが日本代表ならヒヤヒヤしなくても楽勝だったはずだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  8. 8

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  9. 9

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  10. 10

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

もっと見る