• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

日本で火花散らす韓国人女子プロが「リオ五輪切符争奪戦」

【ツアー選手権 リコーカップ】

 すでに賞金女王タイトルはイ・ボミ(27)に決まっており、いまひとつ話題に欠ける女子ツアー最終戦。

 だが今年の全米女子オープン、ワールドレディスサロンパスカップ、日本女子オープンに勝ったチョン・インジ(21)が出場したことで韓国選手の目の色が変わった。

 チョンは初日、3バーディー、5ボギーの2オーバー14位タイと出遅れ。

「肩の負傷で2、3週間クラブを握らなかった。今日はよく耐えたと思います。日本のファンの皆さんも応援してくれたので、内容は満足してませんが、本当に楽しんで出来ました」(チョン)

 韓国選手が燃える理由は、来夏のリオ五輪で112年ぶりに復活するゴルフ競技のキップ獲得だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事