• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「ソチ五輪検証」で明らかにすべきSスケート界の“怠慢”

 文科省は24日、ソチ五輪での国による選手強化と育成、支援の効果を分析するチームを結成。1回目の検証を行った。

 検証チームの座長を務める神戸大学大学院の山口泰雄教授は、「具体的な検証をして(18年の)平昌五輪、そして20年東京五輪につなげたい」と言った。

 会議では、過去最高の8個のメダル獲得を評価しながらも、プロのコーチ育成やライバル国の強化状況を把握することが重要だとの意見が出たが、スポーツ後進国ではあるまいし、何を今さら、だ。はっきりしている問題があるからだ。

■金メダリスト清水宏保氏が指摘

 日本のお家芸ともいわれている男子スピードスケート500メートルは今回メダルなしに終わった。大会期間中、98年金メダルの清水宏保氏が某新聞で「敗因は海外のレベルが上がっていることをきちんと認識していなかったことだ」と指摘。オランダ勢が表彰台を独占したことについては、「ソチのリンクの氷をつくっていたのはオランダ人。だからオランダのリンクと氷の質がよく似ている。砂地を歩くような軟らかい氷で、日本はその氷に対応していない」とも述べていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    国会大幅延長は安倍3選のためか 総裁選工作に血税90億円

  2. 2

    宮里藍「10年越しの結婚」秘話 世間体気にし父親も大反対

  3. 3

    フリー転身説浮上 NHK桑子真帆アナに有働アナが“急接近”

  4. 4

    手越の未成年飲酒報道で狂い始めた NEWS小山の7月復帰計画

  5. 5

    がん患者にヤジ 自民・穴見議員に政治資金“還流”疑惑浮上

  6. 6

    最近目立つ暴力事件より高校野球で根深いのは“たばこ問題”

  7. 7

    お笑い界の“成功モデル”に?坊主頭の人気芸人が増えたナゾ

  8. 8

    タレントどもの“W杯便乗商法”はまだ始まったばかり

  9. 9

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  10. 10

    貴乃花一門“完全消滅”で「阿武松グループ」の処遇どうなる

もっと見る