「ソチ五輪検証」で明らかにすべきSスケート界の“怠慢”

公開日: 更新日:

 文科省は24日、ソチ五輪での国による選手強化と育成、支援の効果を分析するチームを結成。1回目の検証を行った。

 検証チームの座長を務める神戸大学大学院の山口泰雄教授は、「具体的な検証をして(18年の)平昌五輪、そして20年東京五輪につなげたい」と言った。

 会議では、過去最高の8個のメダル獲得を評価しながらも、プロのコーチ育成やライバル国の強化状況を把握することが重要だとの意見が出たが、スポーツ後進国ではあるまいし、何を今さら、だ。はっきりしている問題があるからだ。

■金メダリスト清水宏保氏が指摘

 日本のお家芸ともいわれている男子スピードスケート500メートルは今回メダルなしに終わった。大会期間中、98年金メダルの清水宏保氏が某新聞で「敗因は海外のレベルが上がっていることをきちんと認識していなかったことだ」と指摘。オランダ勢が表彰台を独占したことについては、「ソチのリンクの氷をつくっていたのはオランダ人。だからオランダのリンクと氷の質がよく似ている。砂地を歩くような軟らかい氷で、日本はその氷に対応していない」とも述べていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  2. 2

    河野担当相が“暴走迷走”…ワクチン接種事業に早くも暗雲

  3. 3

    二階堂ふみがトバッチリ…森七菜“移籍騒動”本当の黒幕は?

  4. 4

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  5. 5

    南ア型「変異種」市中感染の恐怖 抗体もワクチンも効かず

  6. 6

    森七菜はまだマシ?ステージママは売れる前にわが子を潰す

  7. 7

    巨人清武球団代表の怒声が響く「寄せ集めに負けやがって」

  8. 8

    政府肝入り「新幹線輸出」が頓挫…台湾が新車両購入を拒否

  9. 9

    松潤の大河主演で混沌…井上真央との結婚の行方は占い頼み

  10. 10

    NHK朝ドラ歴代ヒロイン演じた女優たちは今どうしている?

もっと見る