「ソチ五輪検証」で明らかにすべきSスケート界の“怠慢”

公開日: 更新日:

 文科省は24日、ソチ五輪での国による選手強化と育成、支援の効果を分析するチームを結成。1回目の検証を行った。

 検証チームの座長を務める神戸大学大学院の山口泰雄教授は、「具体的な検証をして(18年の)平昌五輪、そして20年東京五輪につなげたい」と言った。

 会議では、過去最高の8個のメダル獲得を評価しながらも、プロのコーチ育成やライバル国の強化状況を把握することが重要だとの意見が出たが、スポーツ後進国ではあるまいし、何を今さら、だ。はっきりしている問題があるからだ。

■金メダリスト清水宏保氏が指摘

 日本のお家芸ともいわれている男子スピードスケート500メートルは今回メダルなしに終わった。大会期間中、98年金メダルの清水宏保氏が某新聞で「敗因は海外のレベルが上がっていることをきちんと認識していなかったことだ」と指摘。オランダ勢が表彰台を独占したことについては、「ソチのリンクの氷をつくっていたのはオランダ人。だからオランダのリンクと氷の質がよく似ている。砂地を歩くような軟らかい氷で、日本はその氷に対応していない」とも述べていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相11.20退陣説 「桜を見る会」疑惑で政界の空気一変

  2. 2

    幼保無償化がようやくスタートも…多子世帯には厳しい現実

  3. 3

    植野妙実子氏「表現の自由」の抑圧で民主国家は成立しない

  4. 4

    山口ポスティングでメジャー移籍へ 巨人初容認4つの裏事情

  5. 5

    「桜を見る会」関連業務“アベ友業者”にオイシイ受注誘導か

  6. 6

    五つ子の“減胎手術”ですべての子を失った女性の悔恨

  7. 7

    誰が見ても違反じゃないか 動かない捜査当局の腐敗堕落

  8. 8

    元おニャン子・立見里歌さん 元アイドルが子育て終えた今

  9. 9

    「ゴジラvsコング」で始動 小栗旬を待つ“雑巾がけ”の日々

  10. 10

    残留も視野って…筒香、菊池、秋山の低すぎる米挑戦への志

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る