代理人の話は本当? SB松田に「5、6球団興味」の真偽

公開日:  更新日:

 ソフトバンク・松田宣浩内野手(32)の代理人を務めるグリーンバーグ氏によれば「5、6球団が興味を示している」という。

 それを受けて、スポーツマスコミはまるで複数のメジャー球団が松田の争奪戦を展開しているかのように報じているものの、「興味」や「関心」と「獲得意思」とはまったくの別物。本気で獲得意思のある球団は代理人に対して「オファー」を出す。さる代理人関係者がこう言った。

「オファーは契約年数と年俸と具体的な起用法が含まれたものです。しかも、いつまでに返事が欲しいという返答期限があり、期限を過ぎたらオファーは自動的に消滅するケースがほとんど。例えば、起用法で食い違いが生じたときは、GMと代理人が昼夜問わずギリギリまで折衝を続ける。本人がオファーを受けるべきかどうか悩んでいる場合には、代理人がGMに返答期限を延ばして欲しいという連絡が必要になります。松田に関していえばまだ、最終的なオファーが届いていない可能性の方が高い。届いているとすれば、代理人がメディアに対してペラペラしゃべるはずがない。これだけの球団が関心を寄せていると、メディアを通じて人気をあおっているのです。オファーがあるとしても年俸は1億2000万円程度、ポジションも約束してもらえないでしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  10. 10

    ボールの下にバットを入れる“ホームラン打法”に対する誤解

もっと見る