代理人の話は本当? SB松田に「5、6球団興味」の真偽

公開日: 更新日:

 ソフトバンク松田宣浩内野手(32)の代理人を務めるグリーンバーグ氏によれば「5、6球団が興味を示している」という。

 それを受けて、スポーツマスコミはまるで複数のメジャー球団が松田の争奪戦を展開しているかのように報じているものの、「興味」や「関心」と「獲得意思」とはまったくの別物。本気で獲得意思のある球団は代理人に対して「オファー」を出す。さる代理人関係者がこう言った。

「オファーは契約年数と年俸と具体的な起用法が含まれたものです。しかも、いつまでに返事が欲しいという返答期限があり、期限を過ぎたらオファーは自動的に消滅するケースがほとんど。例えば、起用法で食い違いが生じたときは、GMと代理人が昼夜問わずギリギリまで折衝を続ける。本人がオファーを受けるべきかどうか悩んでいる場合には、代理人がGMに返答期限を延ばして欲しいという連絡が必要になります。松田に関していえばまだ、最終的なオファーが届いていない可能性の方が高い。届いているとすれば、代理人がメディアに対してペラペラしゃべるはずがない。これだけの球団が関心を寄せていると、メディアを通じて人気をあおっているのです。オファーがあるとしても年俸は1億2000万円程度、ポジションも約束してもらえないでしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    出川哲朗とばっちり マリエの告発を“キャラ”で乗り切れる?

  3. 3

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  4. 4

    解決金でも払拭されない?世論が懸念する小室家の嫁姑問題

  5. 5

    加藤浩次に同情薄 自滅のラヴィットより“身内”にビクビク

  6. 6

    石原さとみ“引退説”一蹴 綾瀬はるか意識しベッドシーン?

  7. 7

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  8. 8

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  9. 9

    マリエの枕営業告発が広がりに欠けるワケ…どうなる“第2R”

  10. 10

    大谷モテモテでメディア大騒ぎ 米国人気質が人気に追い風

もっと見る