米球団参戦で4年16億円超えも SB松田を待つ“バラ色”のオフ

公開日: 更新日:

 西の名門球団に続いて、メジャーまで乗り出してきた。

 今シーズン中に海外FA権を獲得し、阪神が調査に乗り出しているソフトバンク松田宣浩(32)。1日発売のスポーツ紙によれば、メジャーのパドレスまで獲得を狙っているという。

 パドレスは内野陣が不安定。昨オフも阪神の鳥谷にオファーを出していた。松田にメジャー契約を用意しているという報道も、あながち大げさではなさそうだ。

 松田はメジャー挑戦をほのめかしたことは一度もない。それどころか、かつては「自分の評価を下げてまで、メジャーに行く気はない」と話していたこともある。FA権の行使については含みを持たせているが、気持ちの変化がなければパドレスの片思いで終わるだろう。

「とはいってもです」と、ホークスOBがこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  2. 2

    稲見萌寧の発言は残念…プロは機会があれば海外挑戦すべき

  3. 3

    自民党はまるで「粗忽長屋」死に絶えてしまった政府の知性

  4. 4

    まだやっとったん大阪“見回り隊” 民間委託崩壊で2億円パア

  5. 5

    ぼったくり男爵より危うい 五輪開催に暴走する政府の狙い

  6. 6

    「第二の松山」発掘は困難 日本ゴルフ界が抱える3つの課題

  7. 7

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

  8. 8

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  9. 9

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  10. 10

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

もっと見る