• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

SB松田の移籍に影響必至 MLB「危険スライディング禁止」検討

 新ルールが設けられれば、いよいよメジャー移籍を目指すソフトバンク・松田宣浩(32)の障壁になりかねない。

 MLBは10日(日本時間11日)、GM会議(フロリダ州ボカラトン)で規律委員会を開き、二塁ベース付近での危険なスライディングを禁止する検討に入った。

 メジャーの二遊間はこれまで、併殺阻止を狙う一塁走者からの危険な滑り込みを受けて重傷を負うケースが目立った。今季は9月にパイレーツの韓国人遊撃手の姜正浩が戦列を離れた。日本人内野手も大ケガを負っており、09年にはレイズ・岩村(現BCリーグ福島選手兼任監督)、11年にはツインズ・西岡が離脱を余儀なくされた。

 MLBで競技運営の最高責任者を務めるジョー・トーリ氏(前ヤンキース監督)は「危険な行為で負傷し、運ばれる選手の姿をこれ以上、見たくない」と話し、12月7日からのウインターミーティング(テネシー州ナッシュビル)で本格的に議論するという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「稼いだのは1カ月…」ブレークから10年たった鼠先輩は今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    沖縄県知事選 玉城デニー氏「ひとつになって前進すべき」

  4. 4

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  5. 5

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  6. 6

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  7. 7

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  8. 8

    巨人と西武のオーナーが示唆も…「監督続投要請」の吉凶

  9. 9

    富士山大噴火 気象研「降灰量シミュレーション」の衝撃

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る