痛恨の回転不足…浅田真央GPファイナル出遅れ3位発進

公開日: 更新日:

 2シーズンぶりの大舞台も滑りに精彩を欠いた。

 フィギュアスケートのGPファイナル(スペイン・バルセロナ)は11日(日本時間12日)、女子ショートプラグラム(SP)を行い、浅田真央は69.13点で3位だった。

 男女含めて史上最多5度目のファイナル制覇がかかる浅田。冒頭のトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)こそ決めたが、その後のジャンプは冴えなかった。

 3回転―3回転の連続ジャンプを回転不足と取られると、後半の3回転ルッツも1回転に終わる痛恨のミスを繰り返す。演技を終えると自身への不甲斐なさからか、右手でこぶしを叩きつけるしぐさを見せ、悔しさを隠さなかった。表現力を評価する演技構成点では全体トップの35.12点をマークしながら、ジャンプのミスが響いた。

 2季ぶりに復帰した今季はかつてのような完璧な滑りからは程遠い状態が続く。浅田が「ルッツが不安定でまだ自分のものになっていない。自分の体とタイミングとが不安定なところが出てしまう」と話す通り、精度を欠いたスケーティングが致命傷になっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  2. 2

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  3. 3

    藤浪トレード急加速 コロナ感染契機に他球団が再調査開始

  4. 4

    志村けんさん「笑いの美学」鉄道員で共演の高倉健も惚れた

  5. 5

    立川志らくをバッサリ…“毒舌の先輩”たけしの批判に説得力

  6. 6

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  7. 7

    月25万円の年金生活 2万円で大好きな遺跡や寺社仏閣巡り

  8. 8

    東出昌大“緊急生謝罪”の裏に…長澤まさみの「重い一言」

  9. 9

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  10. 10

    阪神の“藤浪コロナ”対応に他球団怒り心頭…開幕さらに窮地

もっと見る