• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

NHK杯SP4位と出遅れも 真央に好成績もたらす“板乳”の効果

 だから「人気」があるとの声もある。

 グランプリ(GP)中国杯を制した浅田真央(25)は、NHK杯でも頂点に立てばGP9連勝。GP通算16勝となり、女子最多記録を持つイリーナ・スルツカヤ(ロシア)の17勝にあと1勝に迫るが、27日のショートプログラム(SP)は、トリプルアクセル(3回転半ジャンプ)で転倒するなどミスも目立ち、4位と出遅れた。

 1年間の休養を経て競技に復帰した真央。シーズン無敗だったスルツカヤを抑えてGPファイナルに優勝したのは15歳。あれから10年。天才少女も25歳になり、氷上の表現力は豊かになってきたものの、ほとんど変化が見られないのはちっちゃな胸だ。

 あるトレーニングコーチが言う。

「真央は、身長163センチ、体重47キロ。フィギュアやシンクロ、体操などの選手は体重が500グラム増えても演技に影響するといわれています。女子フィギュアは華麗な競技の半面、動きは非常にハード。ジャンプの空中姿勢にも関わってくるので、胸は小さい方が絶対有利です。それにしてもマスコミで見た7%という体脂肪率が本当なら、25歳の女性が1桁の数字というのは女性ホルモンの不足が心配です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事