日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

広島は40億円の損失…米FA市場でマエケンの評価渋い理由

「感謝の気持ちでいっぱいです」

 長年の夢がかない、笑顔を浮かべたのは広島の前田健太(27)だ。

 4日、広島がポスティングによるメジャー挑戦を容認することを発表。今後、メジャー複数球団による争奪戦がスタートする。

 ダイヤモンドバックスはデーブ・スチュアートGMが1年前からラブコールを送るなど熱心。大物投手のクエトの獲得に失敗しており、前田に照準を合わせてくるとみられている。メジャー屈指の資金力を誇るドジャース、元広島監督のマーティー・ブラウン氏が環太平洋地域コーディネーターを務めるナショナルズ、ブルージェイズなども獲得に興味を示しているという。

 そこで気になるのが契約総額だ。広島はポスティングの譲渡金を上限の2000万ドル(約24億6000万円)に設定する見込みだが、米メディアの中には、「ダルビッシュや田中将大ほどではない」という評価を下しているところもある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事