元日ハム監督ヒルマン氏に聞く 「マエケンは米で通用するか」

公開日:  更新日:

 今オフ、ポスティングシステムでのメジャー移籍が噂される広島・前田健太(27)。各球団のGM、スカウトだけでなく現場の監督、コーチからも注目を集めている。

 今季10年ぶりのポストシーズン進出を果たしたヒューストン・アストロズのトレイ・ヒルマン・ベンチコーチ(元日本ハム監督)もその一人だ。アストロズでは18日(日本時間19日)にはエース左腕のダラス・カイケル(27=20勝8敗)が球団史上3人目のサイ・ヤング賞に選ばれたばかり。サイ・ヤング賞受賞はともかく、前田はレンジャーズ・ダルビッシュ有、ヤンキース・田中将大のようにメジャーで結果を残せるのか。米国のキリスト教団体が主催するイベントに出席するため来日したヒルマン氏を直撃した。

――今オフ、メジャー移籍が有力視される前田をどう評価していますか?

「私が日本にいた頃(日本ハム監督時代)から、彼には注目していた。当時から素晴らしい能力を持った投手だと思っていた。あれから数年が経ち、さらに成長していると聞いている。ダルビッシュ(レンジャーズ)や田中(ヤンキース)と並んで日本を代表する投手なのは間違いない」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  2. 2

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  3. 3

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  4. 4

    USJ導入で注目 深刻な人手不足に「変動料金制」拡大の予感

  5. 5

    “NHKシフト”へ本格始動と話題 内村光良が日テレを見切る日

  6. 6

    広島移籍の長野が本音を吐露「新井さんの代わり荷が重い」

  7. 7

    メディアは国のトップ発言の垂れ流しを終わりにするべき

  8. 8

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  9. 9

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  10. 10

    鈴木誠也の2位指名は“凡打ばかりのプレゼン”も一役買った

もっと見る