元日ハム監督ヒルマン氏に聞く 「マエケンは米で通用するか」

公開日:  更新日:

 今オフ、ポスティングシステムでのメジャー移籍が噂される広島・前田健太(27)。各球団のGM、スカウトだけでなく現場の監督、コーチからも注目を集めている。

 今季10年ぶりのポストシーズン進出を果たしたヒューストン・アストロズのトレイ・ヒルマン・ベンチコーチ(元日本ハム監督)もその一人だ。アストロズでは18日(日本時間19日)にはエース左腕のダラス・カイケル(27=20勝8敗)が球団史上3人目のサイ・ヤング賞に選ばれたばかり。サイ・ヤング賞受賞はともかく、前田はレンジャーズ・ダルビッシュ有、ヤンキース・田中将大のようにメジャーで結果を残せるのか。米国のキリスト教団体が主催するイベントに出席するため来日したヒルマン氏を直撃した。

――今オフ、メジャー移籍が有力視される前田をどう評価していますか?

「私が日本にいた頃(日本ハム監督時代)から、彼には注目していた。当時から素晴らしい能力を持った投手だと思っていた。あれから数年が経ち、さらに成長していると聞いている。ダルビッシュ(レンジャーズ)や田中(ヤンキース)と並んで日本を代表する投手なのは間違いない」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  8. 8

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  9. 9

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  10. 10

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

もっと見る