マエケン争奪戦に参戦する“渋チン”アスレチックスの思惑

公開日:  更新日:

 いよいよメジャーによる争奪戦が展開されそうだ。大リーグ機構(MLB)は9日(日本時間10日)、広島・前田健太(27)が大リーグに移籍するためのポスティングの申請が行われたと、全30球団に通知した。

 譲渡金(最高2000万ドル=約24億4000万円)を支払う意思のある球団は、10日(同11日)から前田との交渉が可能になる。

 前田を巡ってはジャイアンツ、ドジャース、ヤンキースら複数の球団が入札に参加するといわれるが、ここにきて、メジャーでも一、二を争う渋チン球団であるアスレチックスも前田に関心を寄せていることが明らかになった。

 スポーツ専門チャンネル「ESPN」(電子版)が8日に伝えたところによれば、アスレチックスは今オフ、先のプレミア12でMVPを授賞した韓国の金賢洙(27=斗山)とともに前田の獲得を検討しているという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  6. 6

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  7. 7

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

  8. 8

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

  9. 9

    ソト天井打に実況絶叫も…東京ドームの限界を評論家が指摘

  10. 10

    中田翔は3年10億円 破格契約の裏に日ハムの“イメージ戦略”

もっと見る