• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

マエケン争奪戦に参戦する“渋チン”アスレチックスの思惑

 いよいよメジャーによる争奪戦が展開されそうだ。大リーグ機構(MLB)は9日(日本時間10日)、広島・前田健太(27)が大リーグに移籍するためのポスティングの申請が行われたと、全30球団に通知した。

 譲渡金(最高2000万ドル=約24億4000万円)を支払う意思のある球団は、10日(同11日)から前田との交渉が可能になる。

 前田を巡ってはジャイアンツ、ドジャース、ヤンキースら複数の球団が入札に参加するといわれるが、ここにきて、メジャーでも一、二を争う渋チン球団であるアスレチックスも前田に関心を寄せていることが明らかになった。

 スポーツ専門チャンネル「ESPN」(電子版)が8日に伝えたところによれば、アスレチックスは今オフ、先のプレミア12でMVPを授賞した韓国の金賢洙(27=斗山)とともに前田の獲得を検討しているという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お酌は一切させず 麻木久仁子さんが見たタモリの“別の顔”

  2. 2

    引っ越す度にゾ~…松原タニシ怖くて貧しい事故物件暮らし

  3. 3

    内閣府の仰天“解釈” 「加計は利害関係者にあらず」の詭弁

  4. 4

    セネガルを苦しめるも…日本があと一歩で勝ちきれない要因

  5. 5

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  6. 6

    ゲストプレー中もパット練習…男子ツアーを貶める片山晋呉

  7. 7

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  8. 8

    虐待問題解決の本質とは 黒川祥子さんが取材経験から語る

  9. 9

    低迷阪神は内紛秒読み…金本監督と選手に不穏ムード漂う

  10. 10

    4番不在の阪神・金本監督 “禁断の果実”中田翔に手を出すか

もっと見る