働けど働けど…チーム最多登板の広島・中崎は“激安”更改

公開日: 更新日:

 もう少し弾んでやってもバチは当たらないだろう。

 15日に契約を更改した広島中崎翔太(23)。2450万円アップの年俸4200万円に判を押したが、働きを考えれば安すぎるくらいだ。

 今季はチーム最多の69試合に登板。勝ちなしの6敗、29セーブ、防御率2.34だった。中継ぎでスタートした今季は抑えのヒースの不調により、5月から守護神に配置転換。打ち込まれることが多かった前半戦に比べ、後半戦はちぎっては投げの大活躍。7月以降は37試合で、わずか4失点だった。

 しかも、来季は中崎の負担は増す一方。チーム最多5完投のエース前田がメジャー移籍し、チーム事情からリリーフに回っていた大瀬良の先発復帰も決まっている。ヒース、ザガースキーの両助っ人リリーバーもクビになった。

 ある球団OBが言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    出川哲朗とばっちり マリエの告発を“キャラ”で乗り切れる?

  3. 3

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  4. 4

    解決金でも払拭されない?世論が懸念する小室家の嫁姑問題

  5. 5

    石原さとみ“引退説”一蹴 綾瀬はるか意識しベッドシーン?

  6. 6

    加藤浩次に同情薄 自滅のラヴィットより“身内”にビクビク

  7. 7

    マリエの枕営業告発が広がりに欠けるワケ…どうなる“第2R”

  8. 8

    大谷モテモテでメディア大騒ぎ 米国人気質が人気に追い風

  9. 9

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  10. 10

    推定390億円とも…創価学会が太閤園を高く買い取ったワケ

もっと見る