広島・黒田の現役続行に巨人スコアラーが喜んでいる理由

公開日: 更新日:

 広島黒田博樹(40)が来季も現役を続行することで、ライバル巨人の中には意外にも喜んでいる人間が多い。

 まずはエースの菅野智之(26)である。対戦相手は好投手の方が燃えるタチ。今季は「一番意識する」と言う広島のエース前田と4度対戦し、3勝1敗と勝ち越した。前田は来季、米大リーグ挑戦が決定。その代わりになるのが黒田の存在だ。

 菅野にとっては、憧れを通り越して崇拝する投手。黒田がヤンキースで活躍していた頃の著書を熟読し、参考にしていたという。巨人に入団当初は「投球の考え方とか日本(広島)とメジャー(ヤンキース)で同じでは通用しないと(黒田の)本に書いてあった。黒田さんは日本でも実績を残している。自分の投球スタイルをガラッと変えるのは難しいのに、考え方がすごい」と目を輝かせながら話していたものである。


 今夏、原前監督に推薦されて出場した球宴で、黒田と初めて言葉を交わした。興味があるメジャー時代の調整法やトレーニング法などを質問攻めにし、快く答えてくれたと感激していた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    小室圭さんは奇特な人 皇族の結婚相手探しは想像より大変

  3. 3

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  4. 4

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  5. 5

    出川哲朗は枕営業騒動で一番深手…“救いの手”はあるのか

  6. 6

    小室圭さん400万円で破談寸前に 初動ミスを招いたプライド

  7. 7

    小室圭さんが母の元婚約者に“解決金” 支払いは誰が?

  8. 8

    山梨県知事「五輪中止」発言 裏で糸引く二階幹事長の思惑

  9. 9

    “株式会社TOKIO社長”城島茂の25歳妻インスタにファン騒然

  10. 10

    小池知事の無策が招くGW明け新規感染3800人の最悪シナリオ

もっと見る