日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

黒田が契約更改 「広島での優勝」にこだわり現役続行決意

「想像以上に評価をしていただいた」

 17日に広島の黒田博樹(40)が契約更改し、今季4億円から2億円増となる6億円プラス出来高でサイン。昨オフ、メジャーの16億円オファーを蹴って広島に復帰。11勝8敗、防御率2.55の成績以上に、観客動員が今季過去最高の211万人を記録するなど大フィーバーしたのは“黒田効果”のたまものだろう。

 これで来季の球界最高年俸となっただけではない。年度別の年俸(出来高を除く)を加算した生涯賃金は130億円(1ドル=120円換算)に到達し、同学年の松井秀喜氏(ヤンキース、巨人など)の125億円(同)を抜き去ったとみられる。

 日米通算200勝まであと7勝に迫っているとはいえ、右足首痛などを抱えながら投げ続けたのだから、引退が頭をよぎったとしても不思議ではない。

 現役続行を決めた理由について黒田は、「球団を含め、ファンの人やいろんな人にまだやれると言ってもらった。それに応えるというのもプロ。若い選手からも『来年もよろしくお願いします』という言葉をもらって、やめるという決断ができなかった」と語った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事