横峯良郎
著者のコラム一覧
横峯良郎元参議院議員

1960年、鹿児島県鹿屋市出身。「さくらパパ」と呼ばれ、プロゴルファーの横峯瑠依、さくらを育てる。経歴は異色で元政治家、実業家、ゴルフキャディー、ラジオパーソナリティー。そして2015年5月に豪州メイランドGC(パー71)で行われたプロテストで74・80の通算12オーバー。カットラインを1打クリアして合格。アジアシニアのツアーカードを手にして世界を転戦中。

タイ緊急入院から帰国後も何かと大忙しです

公開日: 更新日:
チュアン会長(左)は命の恩人(提供写真)

 アジアシニアツアー転戦中のバンコクで胸が痛みだしました。大会初日あさ6時に、ホテルロビーでチュアン会長と会い、試合の棄権と帰国する旨を伝えました。

 すると、「今、飛行機に乗るのは非常に危険だ。とりあえずドクターに診てもらったほうがよい」と忠告して…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  2. 2

    「コロナ感染ウソ」で露呈 JYJジェジュンの非常識と幼稚さ

  3. 3

    コロナで六本木は閑古鳥…飲食店経営者を救ったISSAの一言

  4. 4

    コロナ患者激白「喉に金串が刺さったような耐え難い痛み」

  5. 5

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  6. 6

    救いの女神か? コロナ禍を伝える渡辺直美の優しい発信力

  7. 7

    自粛要請も海外旅行→コロナ感染→卒業式出席の呆れた行動

  8. 8

    公務員はコロナ禍で収入が減る民間に合わせる気はないのか

  9. 9

    コロナ陽性ゼロでも…大阪・飛田新地が全店休業に至るまで

  10. 10

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

もっと見る