• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ソフトBが年俸更改再開 独自の「査定法」で大盤振る舞い

 ストーブリーグ最大の目玉となりそうだ。

 優勝旅行のため、中断されていたソフトバンクの契約更改。帰国翌日の15日から再開され、16日は遊撃のレギュラー今宮が2000万円アップの年俸9000万円にサイン。来季が2年契約の2年目となる捕手の細川は現状維持の1億円だった。

 ソフトバンクは活躍に応じて年俸のベースが跳ね上がる査定システムを採用している。今季54試合にリリーフ登板し、3勝1敗、防御率1.38だった五十嵐は年俸2億円から1億5000万円の大幅増。さらに2年契約も結び、「2年7億円プラス出来高」という破格の契約を勝ち取った。今宮も今季は自己ワーストの打率.228だったが、守備での貢献を認められたから2000万円も上がった。他球団ならよくて現状維持だったろう。

 トリプルスリーの柳田、チーム最多の13勝を挙げた武田、3年連続3割の中村晃らも、まだ契約更改を行っていない。FA宣言した松田も、残留なら年俸4億円の4年契約といわれている。

 今オフだけでチーム総年俸はいくら上がるか。けだし見ものだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  3. 3

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  4. 4

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  5. 5

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  6. 6

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  7. 7

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  8. 8

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  9. 9

    ロング丈ワンピ姿に注目 前田敦子はやっぱり“おめでた”か

  10. 10

    進次郎氏当日まで完黙…裏に父・小泉元首相“ゴルフ密約説”

もっと見る