ソフトBが年俸更改再開 独自の「査定法」で大盤振る舞い

公開日: 更新日:

 ストーブリーグ最大の目玉となりそうだ。

 優勝旅行のため、中断されていたソフトバンクの契約更改。帰国翌日の15日から再開され、16日は遊撃のレギュラー今宮が2000万円アップの年俸9000万円にサイン。来季が2年契約の2年目となる捕手の細川は現状維持の1億円だった。

 ソフトバンクは活躍に応じて年俸のベースが跳ね上がる査定システムを採用している。今季54試合にリリーフ登板し、3勝1敗、防御率1.38だった五十嵐は年俸2億円から1億5000万円の大幅増。さらに2年契約も結び、「2年7億円プラス出来高」という破格の契約を勝ち取った。今宮も今季は自己ワーストの打率.228だったが、守備での貢献を認められたから2000万円も上がった。他球団ならよくて現状維持だったろう。

 トリプルスリーの柳田、チーム最多の13勝を挙げた武田、3年連続3割の中村晃らも、まだ契約更改を行っていない。FA宣言した松田も、残留なら年俸4億円の4年契約といわれている。

 今オフだけでチーム総年俸はいくら上がるか。けだし見ものだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    志村けんさん「芸人運」にかき消された女性運と運命の相手

  2. 2

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  3. 3

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  4. 4

    志村さんが最期まで貫いた不詳の弟子・田代被告への“温情”

  5. 5

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  6. 6

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  7. 7

    志村けんさん 泥酔記者に愛の一喝「話をちゃんと聞け!」

  8. 8

    やはり本命の彼女は…櫻井ファンがザワついた衝撃の“逸話”

  9. 9

    コロナ対策に高まる期待 結核予防のBCGワクチンは救世主か

  10. 10

    木村一八「松本人志の“横山やすしネタ”に激怒」の真相語る

もっと見る