ソフトBが年俸更改再開 独自の「査定法」で大盤振る舞い

公開日:  更新日:

 ストーブリーグ最大の目玉となりそうだ。

 優勝旅行のため、中断されていたソフトバンクの契約更改。帰国翌日の15日から再開され、16日は遊撃のレギュラー今宮が2000万円アップの年俸9000万円にサイン。来季が2年契約の2年目となる捕手の細川は現状維持の1億円だった。

 ソフトバンクは活躍に応じて年俸のベースが跳ね上がる査定システムを採用している。今季54試合にリリーフ登板し、3勝1敗、防御率1.38だった五十嵐は年俸2億円から1億5000万円の大幅増。さらに2年契約も結び、「2年7億円プラス出来高」という破格の契約を勝ち取った。今宮も今季は自己ワーストの打率.228だったが、守備での貢献を認められたから2000万円も上がった。他球団ならよくて現状維持だったろう。

 トリプルスリーの柳田、チーム最多の13勝を挙げた武田、3年連続3割の中村晃らも、まだ契約更改を行っていない。FA宣言した松田も、残留なら年俸4億円の4年契約といわれている。

 今オフだけでチーム総年俸はいくら上がるか。けだし見ものだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  6. 6

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  7. 7

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

  8. 8

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

  9. 9

    ソト天井打に実況絶叫も…東京ドームの限界を評論家が指摘

  10. 10

    中田翔は3年10億円 破格契約の裏に日ハムの“イメージ戦略”

もっと見る