連続トリプルスリー狙うヤクルト山田に「2つの課題」

公開日:  更新日:

 昨季、3割、30本塁打、30盗塁の「トリプルスリー」を成し遂げたヤクルトの山田哲人(23)は、2年連続の快挙達成を今季の目標に掲げている。

 それには、さらなる強化が必要になる。

 その一つが体重増だ。山田の公称体重は76キロ。もともと太りにくい体質で、プロテインの摂取を欠かさなかったが、それでも夏場には、72キロ程度まで体重が落ちた。

「山田は細身の体でもヘッドスピードの速さと感性の鋭さで成績を残してきた。ベース体重が増えてパワーが強化されれば、長打はさらに増えるはず」とは、ヤクルト首脳陣の一人だ。

 苦手克服もカギを握る。昨季は巨人戦で打率.219、4本塁打、13打点。昨季中、「なんか打てなくなるんですよ」と、コボしたのは本人。変化球中心の配球でタイミングを外され、打撃を崩されることもあった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    安倍内閣の支持率下落 “首相応援団”の世論調査で3カ月連続

もっと見る