連続トリプルスリー狙うヤクルト山田に「2つの課題」

公開日: 更新日:

 昨季、3割、30本塁打、30盗塁の「トリプルスリー」を成し遂げたヤクルトの山田哲人(23)は、2年連続の快挙達成を今季の目標に掲げている。

 それには、さらなる強化が必要になる。

 その一つが体重増だ。山田の公称体重は76キロ。もともと太りにくい体質で、プロテインの摂取を欠かさなかったが、それでも夏場には、72キロ程度まで体重が落ちた。

「山田は細身の体でもヘッドスピードの速さと感性の鋭さで成績を残してきた。ベース体重が増えてパワーが強化されれば、長打はさらに増えるはず」とは、ヤクルト首脳陣の一人だ。

 苦手克服もカギを握る。昨季は巨人戦で打率.219、4本塁打、13打点。昨季中、「なんか打てなくなるんですよ」と、コボしたのは本人。変化球中心の配球でタイミングを外され、打撃を崩されることもあった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    エリカ様は張り込み班に「なに撮ってんだよばかやろう!」

  4. 4

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  5. 5

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  6. 6

    世界1位奪取にルノー日産が画策?自動車業界大再編の予兆

  7. 7

    現実から目を背けるために過去を「いじくり廻してゐる」

  8. 8

    記者に華奢な手を差し出し…葉月里緒奈に感じた“魔性の女”

  9. 9

    京都に“愛の新居”報道…それでも鈴木京香が結婚しない理由

  10. 10

    ロシア紙さえも“詭弁”と評したプーチン大統領の特異解釈

もっと見る