日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

連続トリプルスリー狙うヤクルト山田に「2つの課題」

 昨季、3割、30本塁打、30盗塁の「トリプルスリー」を成し遂げたヤクルトの山田哲人(23)は、2年連続の快挙達成を今季の目標に掲げている。

 それには、さらなる強化が必要になる。

 その一つが体重増だ。山田の公称体重は76キロ。もともと太りにくい体質で、プロテインの摂取を欠かさなかったが、それでも夏場には、72キロ程度まで体重が落ちた。

「山田は細身の体でもヘッドスピードの速さと感性の鋭さで成績を残してきた。ベース体重が増えてパワーが強化されれば、長打はさらに増えるはず」とは、ヤクルト首脳陣の一人だ。

 苦手克服もカギを握る。昨季は巨人戦で打率.219、4本塁打、13打点。昨季中、「なんか打てなくなるんですよ」と、コボしたのは本人。変化球中心の配球でタイミングを外され、打撃を崩されることもあった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事