連続トリプルスリー狙うヤクルト山田に「2つの課題」

公開日: 更新日:

 昨季、3割、30本塁打、30盗塁の「トリプルスリー」を成し遂げたヤクルト山田哲人(23)は、2年連続の快挙達成を今季の目標に掲げている。

 それには、さらなる強化が必要になる。

 その一つが体重増だ。山田の公称体重は76キロ。もともと太りにくい体質で、プロテインの摂取を欠かさなかったが、それでも夏場には、72キロ程度まで体重が落ちた。

「山田は細身の体でもヘッドスピードの速さと感性の鋭さで成績を残してきた。ベース体重が増えてパワーが強化されれば、長打はさらに増えるはず」とは、ヤクルト首脳陣の一人だ。

 苦手克服もカギを握る。昨季は巨人戦で打率.219、4本塁打、13打点。昨季中、「なんか打てなくなるんですよ」と、コボしたのは本人。変化球中心の配球でタイミングを外され、打撃を崩されることもあった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  2. 2

    自民党はまるで「粗忽長屋」死に絶えてしまった政府の知性

  3. 3

    稲見萌寧の発言は残念…プロは機会があれば海外挑戦すべき

  4. 4

    まだやっとったん大阪“見回り隊” 民間委託崩壊で2億円パア

  5. 5

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

  6. 6

    ぼったくり男爵より危うい 五輪開催に暴走する政府の狙い

  7. 7

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  8. 8

    「第二の松山」発掘は困難 日本ゴルフ界が抱える3つの課題

  9. 9

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  10. 10

    維新梅村議員に文通費流用疑惑 公設秘書は殺人未遂で逮捕

もっと見る