入寮の巨人ドラ2重信に早くも貧打解消“救世主”の評価

公開日: 更新日:

 巨人の育成を含む新人15選手が昨6日、川崎市のジャイアンツ寮に入寮した。

 昨季V逸し、昨秋のドラフトは即戦力にこだわり、計8人のうち1、2、4、5、7位で大学生、8位で社会人選手を指名。入寮を見守った関係者が「その中でも、一軍で一番早く台頭するのはあいつじゃないか」と言ったのが、2位の重信慎之介外野手(22=早大)である。

 173センチ、70キロとプロでは小柄な体格ながら50メートル5秒7の快足が最大の武器。一塁到達までの平均3秒7は、あのイチローと同タイムである。巨人のあるスカウトも「プロでもトップクラスのスピード。ただの凡打が内野安打になるし、よっぽどスタートが遅れない限り、盗塁はアウトにならないレベル」と太鼓判を押す。重信も「打撃も守備も足を生かしたい」と分かっている。チームの先輩になった走塁のスペシャリスト・鈴木尚広の著書を読んだと明かし、「技術だけじゃなくて(体の)ケアも学びたい」と弟子入りを志願。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小池氏圧勝に赤信号 都知事選にイケメン対抗馬で無風一変

  2. 2

    吉村府知事が“袋叩き”に…大村知事リコール賛同の見当違い

  3. 3

    あとで困る?故人の銀行口座から貯金を引き出す際の注意点

  4. 4

    「ドクターX」制作未定 “ポスト米倉”は内藤剛志&金田明夫

  5. 5

    検察悩ます黒川氏賭けマージャン告発 不起訴なら非難囂々

  6. 6

    米倉涼子の大誤算…テレビ出演オファーはゼロで舞台に活路

  7. 7

    これぞ波瑠の神秘性?主演ドラマに不満アリも心はガッチリ

  8. 8

    解散・総選挙を打つ力もない安倍総理は早々に見限られる

  9. 9

    派遣社員の雇い止めに続き 12月には正社員の解雇が本格化

  10. 10

    ぺこぱで話題“ノリツッコまない”漫才の元祖はダウンタウン

もっと見る