入寮の巨人ドラ2重信に早くも貧打解消“救世主”の評価

公開日: 更新日:

 巨人の育成を含む新人15選手が昨6日、川崎市のジャイアンツ寮に入寮した。

 昨季V逸し、昨秋のドラフトは即戦力にこだわり、計8人のうち1、2、4、5、7位で大学生、8位で社会人選手を指名。入寮を見守った関係者が「その中でも、一軍で一番早く台頭するのはあいつじゃないか」と言ったのが、2位の重信慎之介外野手(22=早大)である。

 173センチ、70キロとプロでは小柄な体格ながら50メートル5秒7の快足が最大の武器。一塁到達までの平均3秒7は、あのイチローと同タイムである。巨人のあるスカウトも「プロでもトップクラスのスピード。ただの凡打が内野安打になるし、よっぽどスタートが遅れない限り、盗塁はアウトにならないレベル」と太鼓判を押す。重信も「打撃も守備も足を生かしたい」と分かっている。チームの先輩になった走塁のスペシャリスト・鈴木尚広の著書を読んだと明かし、「技術だけじゃなくて(体の)ケアも学びたい」と弟子入りを志願。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  2. 2

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  3. 3

    大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青

  4. 4

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  5. 5

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  6. 6

    JOC後任会長の最有力 山下泰裕氏の評判と“先祖返り”懸念

  7. 7

    白髪イチローの衰えた姿に身震いするような色気を感じる

  8. 8

    下方修正なのに…月例経済報告「緩やかに景気回復」の大嘘

  9. 9

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  10. 10

    安倍政権がシッポ切り JOC竹田会長を待つ仏当局の本格捜査

もっと見る