入寮の巨人ドラ2重信に早くも貧打解消“救世主”の評価

公開日:  更新日:

 巨人の育成を含む新人15選手が昨6日、川崎市のジャイアンツ寮に入寮した。

 昨季V逸し、昨秋のドラフトは即戦力にこだわり、計8人のうち1、2、4、5、7位で大学生、8位で社会人選手を指名。入寮を見守った関係者が「その中でも、一軍で一番早く台頭するのはあいつじゃないか」と言ったのが、2位の重信慎之介外野手(22=早大)である。

 173センチ、70キロとプロでは小柄な体格ながら50メートル5秒7の快足が最大の武器。一塁到達までの平均3秒7は、あのイチローと同タイムである。巨人のあるスカウトも「プロでもトップクラスのスピード。ただの凡打が内野安打になるし、よっぽどスタートが遅れない限り、盗塁はアウトにならないレベル」と太鼓判を押す。重信も「打撃も守備も足を生かしたい」と分かっている。チームの先輩になった走塁のスペシャリスト・鈴木尚広の著書を読んだと明かし、「技術だけじゃなくて(体の)ケアも学びたい」と弟子入りを志願。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    安倍内閣の支持率下落 “首相応援団”の世論調査で3カ月連続

もっと見る