始動初日に2ケタ勝利宣言 巨人ドラ1桜井は“持ってる男”

公開日:  更新日:

 巨人のドラフト1位右腕が思い出の場所で始動した。

 3日、兵庫・神戸市の須磨海岸で約1時間、汗を流した立命大の桜井俊貴(22)。入寮を控える中、母校の北須磨高時代に冬場のトレーニングを積んだ場所を選択し、「自分の原点。新たなスタートという気持ちで練習した」と話したこのドラ1新人、実は「強運の持ち主」らしい。球団関係者がこう言うのだ。

「部長をはじめ、スカウト5人前後で最終チェックしたドラフト直前のリーグ戦で、延長14回206球を投げて完投勝利。スカウトが『一世一代の投球』とうなった熱投でドラ1の座をゲットすると、高橋由伸新監督が視察した明治神宮大会の東北福祉大戦で18奪三振の大会タイ記録ですからね。大事な試合になるほど本領を発揮する勝負強さが魅力で、いわゆる“持ってる男”なんです」

 昔から注目される試合に強かった。北須磨高3年夏に強豪・育英を完封し、「公立の星」と脚光を浴びた。しかし、恩師の徳山範夫監督は「ターニングポイントはその試合より2年夏。桜井の中学の先輩で、中日に4位指名された福クン(敬登=JR九州)という注目の左腕が須磨翔風にいて、その試合で無四球完封勝利を挙げたんです。福クン目当てに集まったプロのスカウトから注目されるようになり、その後8球団が挨拶に来たんです」と明かす。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  6. 6

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  7. 7

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  8. 8

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  9. 9

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  10. 10

    50秒の電話で“暴力集団”押し付けられた千賀ノ浦親方の不運

もっと見る