巨人岡本「グアム自主トレ」初参加に隠された球団の思惑

公開日: 更新日:

 巨人高橋由伸監督(40)や球団関係者が今年、最も飛躍を期待しているのが、高卒2年目を迎える岡本和真(19)である。

 新人だった昨年9月にプロ初安打、初本塁打。秋の実戦でも結果を残すなど打撃の評価は高い。内田打撃コーチは「主軸とは言わないけど、一軍のレギュラークラスの感触はある。打撃だけなら(三塁を争う)村田を脅かすものを感じる」と昨秋のキャンプで目を細めていた。派遣された台湾でのウインターリーグでも打点王に輝くなど、大きな可能性を秘めているのは確かだ。

 一方で課題は三塁の守備。新任の井端内野守備走塁コーチの発案で、フットワークを使うための遊撃の守備練習や股関節トレーニングを取り入れるなど、岡本専用の特別メニューを用意して弱点克服に取り組ませている。「内野手はまずは守備から」という原前監督の口グセを借りるまでもなく、守れないことには試合に出られないのが内野手の宿命。守備に不安があれば、自慢の打撃も宝の持ち腐れになってしまうのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日ハム栗山監督にファンが退任勧告も…後任不在の痛し痒し

  2. 2

    森七菜「移籍騒動」の代償…勢い急失速で連ドラ出演ゼロに

  3. 3

    玉木宏だからハマッた?「桜の塔」2ケタ視聴率キープの謎

  4. 4

    小池知事 いよいよ「五輪撤収、責任回避モード」に突入か

  5. 5

    山下智久「ドラゴン桜」再出演を阻む“3つのアクシデント”

  6. 6

    パ混乱の“日ハムクラスター”…球団や栗山監督に不信感増幅

  7. 7

    “親分の孫”野球エリート元慶大生 給付金詐欺で逮捕後の今

  8. 8

    今からもらえる給付金・補助金 こんなに申請受け付け中!

  9. 9

    今ごろインドを変異株指定…呑気な水際強化が招く次の恐怖

  10. 10

    安倍晋三がなぜ?「菅首相が継続すべき」発言“真の狙い”

もっと見る