巨人岡本「グアム自主トレ」初参加に隠された球団の思惑

公開日: 更新日:

 巨人の高橋由伸監督(40)や球団関係者が今年、最も飛躍を期待しているのが、高卒2年目を迎える岡本和真(19)である。

 新人だった昨年9月にプロ初安打、初本塁打。秋の実戦でも結果を残すなど打撃の評価は高い。内田打撃コーチは「主軸とは言わないけど、一軍のレギュラークラスの感触はある。打撃だけなら(三塁を争う)村田を脅かすものを感じる」と昨秋のキャンプで目を細めていた。派遣された台湾でのウインターリーグでも打点王に輝くなど、大きな可能性を秘めているのは確かだ。

 一方で課題は三塁の守備。新任の井端内野守備走塁コーチの発案で、フットワークを使うための遊撃の守備練習や股関節トレーニングを取り入れるなど、岡本専用の特別メニューを用意して弱点克服に取り組ませている。「内野手はまずは守備から」という原前監督の口グセを借りるまでもなく、守れないことには試合に出られないのが内野手の宿命。守備に不安があれば、自慢の打撃も宝の持ち腐れになってしまうのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  4. 4

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  5. 5

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  6. 6

    公私混同で失脚の舛添前都知事 野党で国政復帰の仰天情報

  7. 7

    永野芽郁と本田翼が急伸 2019年"CM女王争い"に異変の兆し

  8. 8

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  9. 9

    洪水に襲われた農地に小型冷蔵庫!その中身に全米ホッコリ

  10. 10

    安倍首相が“偽装”の施政方針演説 英訳でも錯覚工作の傲慢

もっと見る