• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

巨人岡本「グアム自主トレ」初参加に隠された球団の思惑

 巨人の高橋由伸監督(40)や球団関係者が今年、最も飛躍を期待しているのが、高卒2年目を迎える岡本和真(19)である。

 新人だった昨年9月にプロ初安打、初本塁打。秋の実戦でも結果を残すなど打撃の評価は高い。内田打撃コーチは「主軸とは言わないけど、一軍のレギュラークラスの感触はある。打撃だけなら(三塁を争う)村田を脅かすものを感じる」と昨秋のキャンプで目を細めていた。派遣された台湾でのウインターリーグでも打点王に輝くなど、大きな可能性を秘めているのは確かだ。

 一方で課題は三塁の守備。新任の井端内野守備走塁コーチの発案で、フットワークを使うための遊撃の守備練習や股関節トレーニングを取り入れるなど、岡本専用の特別メニューを用意して弱点克服に取り組ませている。「内野手はまずは守備から」という原前監督の口グセを借りるまでもなく、守れないことには試合に出られないのが内野手の宿命。守備に不安があれば、自慢の打撃も宝の持ち腐れになってしまうのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  3. 3

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  4. 4

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  5. 5

    否定会見で墓穴 古屋圭司議員の“裏金”疑惑ますます深まる

  6. 6

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  7. 7

    “苦戦の戦犯”は金本監督 阪神の凡ミス多発は意識の低さ

  8. 8

    助っ人はベンチに 阪神・金本監督はロサリオが嫌いなのか

  9. 9

    主砲にも日本語でタメ口 エンゼルス大谷「英語力」の謎

  10. 10

    9月の過密日程より心配 阪神が抱える“ロサリオ・大山問題”

もっと見る