ドームで早くも強心臓スピーチ 巨人ドラ1桜井に漂う大物感

公開日:  更新日:

 この新人、案外、やるかもしれない。

 23日、巨人のファンフェスタで行われた新人15選手のお披露目。高橋由伸監督の引退セレモニーの直後という異様な雰囲気の中、ひときわ大きな声援を浴びてマイクを握ったドラフト1位の桜井俊貴(22=立命大)は、「感謝の気持ちを忘れずに全力でプレーします」と力強く宣言した。

 全国的な知名度には欠けるものの、よくいる“野球だけ”ではない。兵庫の進学校・北須磨高の徳山監督は、「マジメ過ぎる性格。プロには野球一筋でやってきた人間が集まる。でも、桜井は真逆の珍しいタイプ。私の母校でもある立命に入った時も、(野球部には)やんちゃで我が強い子が多いから、周りに馴染めるかだけが不安だった」と心配した。

 ところが、猛者揃いのチームで最速150キロのエースに成長。恩師の心配を杞憂に終わらせたものの、母の幸子さんはまだ気が気じゃない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  10. 10

    ボールの下にバットを入れる“ホームラン打法”に対する誤解

もっと見る