俊足武器の早大・重信 「巨人2位指名」に込められた意味

公開日:  更新日:

 17日の明治神宮大会準決勝で早大が上武大を下し、春秋リーグ戦、全日本大学野球選手権と合わせた4冠達成へ王手をかけた。巨人からドラフト2位指名された重信慎之介外野手(22)は「1番・右翼」で出場。初回に中前打で出塁し、先制のホームを踏むなど、勝利に貢献した。

 173センチ、70キロと小柄ながら、50メートル5秒7、一塁到達3秒7の脚力が武器。とはいえ、「何も2位じゃなくても……」と他球団のスカウトから驚きの声が上がったのも事実。「足」の選手がなぜ2位か。球界関係者がこう言う。

「秋季キャンプで打撃練習に時間を割いてはいるものの、来季も貧打かもという読みが球団にあるのでしょう。だからドラフトは投手を中心とした守りと共に『足』も重視した。もちろんレギュラーになってくれるに越したことはないが、来年38歳になる代走のスペシャリスト・鈴木尚広の後釜の意味合いもある。ここ2年、打線が振るわない中、ジョーカーのような存在の鈴木の走塁がにわかに脚光を浴びた。『来季も守りや走塁を駆使して、しぶとく戦え』という球団から高橋新監督へのメッセージでしょう」

 球団が高橋監督に授けたのは、貧打を見越した「切り札」ということだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  3. 3

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  6. 6

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  7. 7

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  8. 8

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  9. 9

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  10. 10

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

もっと見る