• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

俊足武器の早大・重信 「巨人2位指名」に込められた意味

 17日の明治神宮大会準決勝で早大が上武大を下し、春秋リーグ戦、全日本大学野球選手権と合わせた4冠達成へ王手をかけた。巨人からドラフト2位指名された重信慎之介外野手(22)は「1番・右翼」で出場。初回に中前打で出塁し、先制のホームを踏むなど、勝利に貢献した。

 173センチ、70キロと小柄ながら、50メートル5秒7、一塁到達3秒7の脚力が武器。とはいえ、「何も2位じゃなくても……」と他球団のスカウトから驚きの声が上がったのも事実。「足」の選手がなぜ2位か。球界関係者がこう言う。

「秋季キャンプで打撃練習に時間を割いてはいるものの、来季も貧打かもという読みが球団にあるのでしょう。だからドラフトは投手を中心とした守りと共に『足』も重視した。もちろんレギュラーになってくれるに越したことはないが、来年38歳になる代走のスペシャリスト・鈴木尚広の後釜の意味合いもある。ここ2年、打線が振るわない中、ジョーカーのような存在の鈴木の走塁がにわかに脚光を浴びた。『来季も守りや走塁を駆使して、しぶとく戦え』という球団から高橋新監督へのメッセージでしょう」

 球団が高橋監督に授けたのは、貧打を見越した「切り札」ということだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  2. 2

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  3. 3

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  4. 4

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  5. 5

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  6. 6

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  7. 7

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  8. 8

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  9. 9

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  10. 10

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

もっと見る