俊足武器の早大・重信 「巨人2位指名」に込められた意味

公開日:  更新日:

 17日の明治神宮大会準決勝で早大が上武大を下し、春秋リーグ戦、全日本大学野球選手権と合わせた4冠達成へ王手をかけた。巨人からドラフト2位指名された重信慎之介外野手(22)は「1番・右翼」で出場。初回に中前打で出塁し、先制のホームを踏むなど、勝利に貢献した。

 173センチ、70キロと小柄ながら、50メートル5秒7、一塁到達3秒7の脚力が武器。とはいえ、「何も2位じゃなくても……」と他球団のスカウトから驚きの声が上がったのも事実。「足」の選手がなぜ2位か。球界関係者がこう言う。

「秋季キャンプで打撃練習に時間を割いてはいるものの、来季も貧打かもという読みが球団にあるのでしょう。だからドラフトは投手を中心とした守りと共に『足』も重視した。もちろんレギュラーになってくれるに越したことはないが、来年38歳になる代走のスペシャリスト・鈴木尚広の後釜の意味合いもある。ここ2年、打線が振るわない中、ジョーカーのような存在の鈴木の走塁がにわかに脚光を浴びた。『来季も守りや走塁を駆使して、しぶとく戦え』という球団から高橋新監督へのメッセージでしょう」

 球団が高橋監督に授けたのは、貧打を見越した「切り札」ということだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  5. 5

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  10. 10

    倉科カナが三くだり半…竹野内豊“結婚しない男”の罪深さ

もっと見る