• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

“ベスト”は西武? プロ野球は二軍寮が劣悪なほど若手成長

 プロ野球では昔から、「二軍の環境が悪いほど、若手が伸びる」と言われている。二軍スタッフの指導力や、球団のチーム事情、何より選手本人のやる気と才能が必要条件だが、華やかな生活を送る一軍選手に憧れ、何とか劣悪な環境から抜け出そうと必死になるからだ。

 そのデンで言えば、12球団の二軍寮ワーストは西武だろう。近年はどの寮もマンション風の立派な建物だが、西武の「若獅子寮」だけは昔ながらの長屋を思わせる平屋建て。場所も西武プリンスドームのすぐそば、つまり所沢の山奥なので、繁華街に出るのも一苦労。池袋には西武鉄道で40分~1時間、立川にもタクシーで30分以上かかる。

 その西武と肩を並べるのが、千葉県鎌ケ谷市に二軍の本拠地を置く日本ハムだ。鉄筋5階建ての「勇翔寮」は室内練習場と専用球場が隣接しており野球をするには十分な環境が整っている。しかし、いかんせん施設の周辺にあるのは梨園や霊園くらいなもの。そして一軍の本拠地が遠く離れた札幌にあるというのが成長を促すのではないか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  2. 2

    “玉木宏ロス”の癒やしに 坂口健太郎だけが持つ3つの魅力

  3. 3

    米が次期戦闘機ゴリ押し 安倍政権は血税1400億円をドブに

  4. 4

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  5. 5

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  6. 6

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  7. 7

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  8. 8

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  9. 9

    広島・菊池、ソフトバンク柳田も…地方の大学生を見逃すな

  10. 10

    加計獣医学部 図書館に本のない大学の設置認可は前代未聞

もっと見る