日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

“ベスト”は西武? プロ野球は二軍寮が劣悪なほど若手成長

 プロ野球では昔から、「二軍の環境が悪いほど、若手が伸びる」と言われている。二軍スタッフの指導力や、球団のチーム事情、何より選手本人のやる気と才能が必要条件だが、華やかな生活を送る一軍選手に憧れ、何とか劣悪な環境から抜け出そうと必死になるからだ。

 そのデンで言えば、12球団の二軍寮ワーストは西武だろう。近年はどの寮もマンション風の立派な建物だが、西武の「若獅子寮」だけは昔ながらの長屋を思わせる平屋建て。場所も西武プリンスドームのすぐそば、つまり所沢の山奥なので、繁華街に出るのも一苦労。池袋には西武鉄道で40分~1時間、立川にもタクシーで30分以上かかる。

 その西武と肩を並べるのが、千葉県鎌ケ谷市に二軍の本拠地を置く日本ハムだ。鉄筋5階建ての「勇翔寮」は室内練習場と専用球場が隣接しており野球をするには十分な環境が整っている。しかし、いかんせん施設の周辺にあるのは梨園や霊園くらいなもの。そして一軍の本拠地が遠く離れた札幌にあるというのが成長を促すのではないか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事