• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

楽天ドラ2吉持亮汰 母と恩師が語る“オコエ超え”俊足の原点

「野球の才能? さあ、どこから来たんでしょうか。お父さんはスポーツをやっていませんし、私も高校時代は陸上部といっても長距離でしたから。そういえば、私の弟が野球をやっていて、足も凄く速かった。母方の遺伝子かって? さあ、どうなんでしょう(笑い)」

 楽天にドラフト2位で指名された内野手・吉持亮汰(22=大商大)の母、真智子さん(49)がこう話す。

 今年のドラフト選手でフィジカルエリートといえば、オコエの名が真っ先に挙がるだろう。しかし、足の速さでは吉持も負けてはいない。オコエは50メートル5秒96だが、吉持は5秒6。右打者ながら一塁到達タイムの4秒1はプロの俊足選手に匹敵する。

「幼稚園に入る前から速かったですよ。走るのが好きな子で、公園にある横幅の広いコンクリートの滑り台を裸足で駆け上がっていました。なぜか裸足が好きだったんです。家の近くの公園に連れていくと、勝手に靴を脱いで駆け回る。私も注意はしなかったですね。ただ、家に帰ると大変でしたよ。玄関で抱っこして、すぐにお風呂場に直行していましたから(笑い)」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事