マエケンの出来高満額を遮るド軍“神経質コーチ”の存在

公開日:  更新日:

 メジャー通算79勝(79敗)の右腕が前田健太(27)に厳しいノルマを課した。

 ドジャースでの先輩でもある広島・黒田博樹(40)が18日(日本時間19日)、ロサンゼルス近郊で行っている合宿を公開。ルーキーイヤーを迎える前田に「ローテーションを崩さず30試合くらい先発し、しっかりイニングをこなせば、それなりの評価をしてくれる」とアドバイスを送った。

 前田にとって「30試合」「200イニング」登板は大きい。前田の契約には先発試合数、投球回数による出来高の条項が含まれ、1シーズンで32試合、200投球回数に達すれば、最大で1315万ドル(約16億円)を手にできるからだ。

「32試合、200回」は各球団のエース級に課されたもので、故障での離脱が長引いたり、短いイニングでの降板が多ければ到達できない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  2. 2

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  3. 3

    憲法改正国民投票CMに待った「通販生活」意見広告の趣旨は

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    ハゲタカ勢も虎視眈々 日産vsルノーついに始まる株争奪戦

  6. 6

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  7. 7

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

  8. 8

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  9. 9

    雄星「4年60億円」の反動懸念 “温厚”シアトルでも痛い目に

  10. 10

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

もっと見る