マエケンの出来高満額を遮るド軍“神経質コーチ”の存在

公開日:  更新日:

 メジャー通算79勝(79敗)の右腕が前田健太(27)に厳しいノルマを課した。

 ドジャースでの先輩でもある広島・黒田博樹(40)が18日(日本時間19日)、ロサンゼルス近郊で行っている合宿を公開。ルーキーイヤーを迎える前田に「ローテーションを崩さず30試合くらい先発し、しっかりイニングをこなせば、それなりの評価をしてくれる」とアドバイスを送った。

 前田にとって「30試合」「200イニング」登板は大きい。前田の契約には先発試合数、投球回数による出来高の条項が含まれ、1シーズンで32試合、200投球回数に達すれば、最大で1315万ドル(約16億円)を手にできるからだ。

「32試合、200回」は各球団のエース級に課されたもので、故障での離脱が長引いたり、短いイニングでの降板が多ければ到達できない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  5. 5

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  10. 10

    倉科カナが三くだり半…竹野内豊“結婚しない男”の罪深さ

もっと見る