マエケンの出来高満額を遮るド軍“神経質コーチ”の存在

公開日: 更新日:

 メジャー通算79勝(79敗)の右腕が前田健太(27)に厳しいノルマを課した。

 ドジャースでの先輩でもある広島黒田博樹(40)が18日(日本時間19日)、ロサンゼルス近郊で行っている合宿を公開。ルーキーイヤーを迎える前田に「ローテーションを崩さず30試合くらい先発し、しっかりイニングをこなせば、それなりの評価をしてくれる」とアドバイスを送った。

 前田にとって「30試合」「200イニング」登板は大きい。前田の契約には先発試合数、投球回数による出来高の条項が含まれ、1シーズンで32試合、200投球回数に達すれば、最大で1315万ドル(約16億円)を手にできるからだ。

「32試合、200回」は各球団のエース級に課されたもので、故障での離脱が長引いたり、短いイニングでの降板が多ければ到達できない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東山紀之は結婚報告会見で妻・木村佳乃の名を出さなかった

  2. 2

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  3. 3

    巨人清武球団代表の怒声が響く「寄せ集めに負けやがって」

  4. 4

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  5. 5

    英紙に漏らしたのは誰だ!「五輪中止決定」報道で犯人捜し

  6. 6

    PCRを義務化し陽性者は即隔離…「伸晃モデル」を求める声

  7. 7

    「政治とカネ」問題かわす菅首相が10年前に言っていた正論

  8. 8

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  9. 9

    菅首相は逃げの一手 “8割おじさん”西浦氏の予算委出席拒否

  10. 10

    菅野の父親に県大会決勝の先発辞退を直訴するよう勧めた

もっと見る